プリ小説

第54話

49
やっぱり私がいなければ…


私は俗に言う反抗期で、オッパたちに冷たく当たっていた。

けど、最近はイライラの感情がほとんど無くなってきて、オッパ達が大好きです。



でも、やっぱり私がいなければ良かったんじゃないですか...?


私のファンが...サセンが...オッパ達を巻き込み、危害を与えるのなら、私はいないほうがオッパ達は安全なんじゃないかと思います。

いつも優しい、オンニ、オッパ達…。

私はみんなを危ない目に合わせたくない。

どうすればいいんだろう…。



ごめんなさい。こんなマンネで。



無力な自分に…またイライラする…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

여름_🐑
여름_🐑