無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

スヨン
スヨン
ウナー!起きて!学校でしょー?
今日の仕事は夜。
昼間はウナとグクは学校。
グク
グク
ヌナおはよ…
スヨン
スヨン
おはよ〜!
スヨン
スヨン
ほら!ウナ!グクは起きたよ〜?
ウナ
ウナ
オンニ…私調子悪い
スヨン
スヨン
え!どうしたの?入っていい??
ウナ
ウナ
入らないで!!!
スヨン
スヨン
…?
スヨン
スヨン
分かった。学校に連絡しとくね。
スヨン
スヨン
夜は仕事だから、ゆっくり休んでおきな〜
ウナ
ウナ
ありがと…
---------------------------------------------------
グク登校後。
ユンギ
ユンギ
おはようございます…
スヨン
スヨン
おはよ!今日早起きだね〜
ジミン
ジミン
おはよ〜ございます〜(ρω-).oO
ホソク
ホソク
おっはよ〜!
ナムジュン
ナムジュン
あれ?玄関ウナの靴置いてあったんだけど…いるの?
スヨン
スヨン
いるよ〜
なんか調子悪いみたい…
ジン
ジン
え!大丈夫かな!?
ちょっと様子みてくる!
スヨン
スヨン
待って!行かない方がいいと思う…よ?
ジン
ジン
何で〜!?
スヨン
スヨン
仮病だと思う…
テテ
テテ
仮病!?
スヨン
スヨン
うん…なんとなくだけど。弟があんな時あったし…
ナムジュン
ナムジュン
弟いたんだ…
ナムさん…そこ!?((作者
スヨン
スヨン
だからほっといてあげよ?
ジン
ジン
わかった…
しかし、ウナは今日の夜の仕事の出演はキャンセルした。
1日中部屋から出てこなかった。