プリ小説

第31話

28
学校。。。
ウナ
ウナ
お、おはよう。
ヨナ
ヨナ
あっれ〜?学校来たんだぁ〜?
ヨナ
ヨナ
この間、勝手に帰っちゃったのにねぇ〜?
ハユ
ハユ
あんたが悪いんじゃん!
ウナ
ウナ
ハユ…いいよ。大丈夫だから。
ウナ
ウナ
ねぇ、ヨジャちゃん。誰ペン?
ヨナ
ヨナ
私?テテペンだけど!
ウナ
ウナ
じゃあさ、一つだけ情報提供してあげる。
ヨナ
ヨナ
え、何!?
ウナ
ウナ
今日テヒョナオッパ夜Vライブ開くから絶対見逃さないであげて
ヨナ
ヨナ
ほんと!私いつも見逃しちゃうんだよね〜
どうも。たまには使えるのねクスッ
ウナ
ウナ
はいはい。
--------------------------------------------------------------------
テテ
テテ
アニョハセヨ〜テテイムニダ〜
『キャーーー♡テテオッパ〜♡사랑해요♡』
『very cool😎✨』
『멋있어 😍👍』←カッコいいみたいな意味だよね?
テテ
テテ
今日はお悩み相談を開いていきたいと思いま〜す!
『好きな人に告白できません!』
テテ
テテ
・・・화이팅✨←(これもあってる!?)



『人間関係に悩んでいます。』
テテ
テテ
(あ、これはユンギヒョンかな。)
テテ
テテ
お、人間関係に悩んでる…。
テテ
テテ
僕も昔すごい悩んでいました。
テテ
テテ
その子は完璧で、僕は普通だった。
彼は、僕を友達じゃなくて自分より下の人って思ってるんじゃないかって…

僕は、それに気付いたけど、友達でいたんだ。
テテ
テテ
いじめられていて、友達の誕生日パーティーの場所を教えてもらえなくて、外で3時間ずっと待ってて、プレゼントだけ渡したけど、泣いて帰ってきたんだ。
テテ
テテ
後から聞いたけど、僕が別の友達と凄く仲いいのが羨ましかったみたい。2年後くらいに謝られた。

気まずかったけど、真剣に謝ってくれたからありがとうって伝えたんだ。


『テテ可哀想…』
テテ
テテ
いじめは絶対しちゃいけない。

友達には誠実で素直になることが大切だよ。
テテ
テテ
誰かを羨ましいって思うことは普通だし、それを認めることも重要なんだ。
テテ
テテ
僕のこの話が、みんなに伝わって、いじめてる人も謝って、いじめを見た人も止めに入って…。
そうして、この世界からイジメが無くなってくれたら僕は嬉しいです!




『わかった!』



『OK👍』


テテ
テテ
それでは、안녕〜♡





この影響は大きかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

여름_🐑
여름_🐑