プリ小説

第41話

38
電話((ここから電話での会話が続きます
pururururu📞
ウナ
ウナ
ヨボセヨ?
ジフ
ジフ
ヨボセヨ。何?カノが何の用?
ウナ
ウナ
…ごめんなさい!!!
ジフ
ジフ
は?
ウナ
ウナ
私が間違ってた!今からプレゼント渡したいから…会えますか?
ジフ
ジフ
ちゃんと価値あるものだろうな…!?
ウナ
ウナ
はい!もちろんです((フフフ……
ジフ
ジフ
分かった。今日の朝の待ち合わせ場所に…
ウナ
ウナ
あ、学校に来てください…
ジフ
ジフ
なんで学校?
ウナ
ウナ
先輩に初めてあった場所でプレゼント…渡したいから…です。
ジフ
ジフ
…分かった。
↑ちょっと可愛いって思ってる奴
ウナ
ウナ
それでは。
☎チンッ
ウナ
ウナ
じゃあ私行ってくるから。
ついてきてもいいけどバレちゃダメだからね
BTS
BTS
はい…。
ガチャン🚪
ナムジュン
ナムジュン
あの、マンネコワイ(  ˙-˙  )
ホソク
ホソク
ホント…まぁついてこ〜!!!
BTS
BTS
うん(はい)!!
---------------------------------------------------
ジフ
ジフ
ウナ!ごめん、待たせた
ウナ
ウナ
いえ…大丈夫ですよ
ジフ
ジフ
で!プレゼントって何!?!?✨
ウナ
ウナ
すっごくいい物ですよぉフフフ…
ジフ
ジフ
…?(なんか笑ってるぞ…)
ジフ
ジフ
(なんかよさげな箱じゃん♪)
ジフ
ジフ
開けていい?♪
ウナ
ウナ
はい…あ!
ジフ
ジフ
ん?
ウナ
ウナ
私やっぱり直接渡したいので、私が開けます!
ジフ
ジフ
え、いいよ別に…
ウナ
ウナ
私に渡させてください!!
ジフ
ジフ
分かった…
ウナ
ウナ
やった♪目つぶっててください!
ジフ
ジフ
うん…


ガサゴソ…ガサゴソ…
ジフ
ジフ
目開けていい?
ウナ
ウナ
まだ、だ〜めです!
ウナ
ウナ
絶対開けちゃダメですよ?



3!!!((大勢の声
ジフ
ジフ
は!なになに!?!?
ウナ
ウナ
目開けちゃダメです!
2!!!((大勢の声


1!!!((大勢の声
ウナ
ウナ
どうぞ♡
ジフ
ジフ
わぁ…ってわ!!!!
ジフ
ジフ
ゲホッゴホッ…!!!
な、何これ!ゲホッゲホッ
ウナ
ウナ
ほこりだけど?
ジフ
ジフ
は!?ふざけんなよ!!
お前なめてんのか!?
ジフ
ジフ
ってかさっきのカウントダウンなんだよ…
って!何で、全校生徒が窓から見てんだよ!?!?
ウナ
ウナ
はぁ…うるっさいなぁ!
ジフ
ジフ
は!?
ウナ
ウナ
だって、先輩言ったじゃん!
ジフ
ジフ
何をだよ!?
ウナ
ウナ
誇りが欲しいんでしょ?
ウナ
ウナ
私っていう芸能人の彼女がいるっていう誇りが欲しかったんでしょ?
ウナ
ウナ
だから、私っていう芸能人の家にある埃…ぜーんぶあげるよ
ウナ
ウナ
先輩には高価なプレゼントでしょ…?
ジフ
ジフ
な…!!
なんでお前…その事!
ウナ
ウナ
ぜ〜んぶ知ってるよ?♡
ウナ
ウナ
あと、先輩女好きで男子からも女子からも嫌われてんの知らなかったぁ?
ジフ
ジフ
な!デタラメ言ってんじゃねぇよ!
ジフ
ジフ
俺は、男子からも女子からも好かれてんだよ!

ぶっっ!!!((窓から見てる生徒達
ナムジャ1
ナムジャ1
何言ってんの?お前、女子の前だけでカッコつけて、俺達に暴力ふるって強いアピールしてウザイんだけど
ヨジャ2
ヨジャ2
正直…女の子に手出しすぎですよ…
気持ち悪い…
ジフ
ジフ
な、な、もう知らねぇーよ!!
てめぇなんか埃以下だ!バーか!
先輩は去っていった…
ウナ
ウナ
みなさんご協力ありがとうございました
ヨジャ2
ヨジャ2
ウナちゃん!私達女子あの先輩のせいで困ってたの!ありがとう!
ウナ
ウナ
いえ、こちらこそありがとうございました
---------------------------------------------------
宿舎
ジン
ジン
や〜、やっぱりウナ怖いわㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
よく全校生徒集まったな。
ウナ
ウナ
それは私が友達いっぱい作ったのもあるし、この間、いじめてきた女の子にも頼んで呼んでもらって…
あの子人脈すごくて…
ウナ
ウナ
あとは、グクオッパが呼んでくれた!
ウナ
ウナ
来てくれたら、後でサインあげます!って!
ナムジュン
ナムジュン
ㅋㅋㅋㅋ
グク頑張れよㅋㅋ
グク
グク
はい…
グク
グク
てか、あの先輩みんなから嫌われてたんだ…
ウナ
ウナ
それは、計算外。
みんなに見せるだけでもいいかって思ってたら、まさかのみんな嫌いっていうことで驚いた
ウナ
ウナ
何でもっと最低な人って気づかなかったかな…
ホソク
ホソク
しょうがないよ
でも、スッキリした?
ウナ
ウナ
うん!スッキリした
ジミン
ジミン
そっか〜!良かった〜🐤
ウナ
ウナ
みんなありがとうございました
---------------------------------------------------
ジミンside


僕は、知ってる。この後、ウナが部屋で少し泣いてたことを。

ほんとに好きになってたんだろうな。

初めての恋だったんだろうな。




大丈夫。きっといい人が現れるよ…










今回長めでしたね!

書いててすっきりりんご♡

それでは👋

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

여름_🐑
여름_🐑