無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

56
ジン
ジン
はぁはぁはぁ…
スヨン
スヨン
ジン…大丈夫?私降りるよ?
ジン
ジン
もうすぐで着くから…大人しく乗ってな…はぁはぁ



すぐに宿舎が見えた。
スヨン
スヨン
降りる!
ジン
ジン
わっ!
ジン
ジン
いきなり降りないでよㅋㅋ
スヨン
スヨン
ミアネㅋㅋ
スヨン
スヨン
もう…犯人来たかな…
ジン
ジン
ゆっくり行ってみよ










..
スヨン
スヨン
ねぇ、家の前に誰かいるよ?
ジン
ジン
上下黒の服…怪しすぎる…
スヨン
スヨン
宿舎に入られてみんなが危なくなる前に私達が行こう…



2人は宿舎の入口にゆっくり近づいた。
ジン
ジン
誰だ!お前!大人しくしろ!
スヨン
スヨン
みんなに近づこうとしても無駄だよ!
私達に関わらないで!



2人でそいつを取り押さえた。





???
いったぁ…



騒ぎを聞きつけ、みんなが家の中から出てきた。


BTS
BTS
なになに!?どうしたの!?
ジン
ジン
サセンが!
BTS
BTS
サセン!?
ウナ
ウナ
…ヨナ…?
BTS
BTS
え?
ヨナ
ヨナ
何するんですかぁ!😭
ウナ
ウナ
いや、ヨナこそ何してるの?
ヨナ
ヨナ
私は、この間ウナの様子が変だったから心配で…
ヨナ
ヨナ
宿舎の場所はハユちゃんに聞いてきて…
スヨン
スヨン
と、とりあえず中に入って?
ユンギ
ユンギ
てか、ヌナ。何でここにいるんですか?
スヨン
スヨン
ちょっと理由があって抜け出してきちゃった…^^;
ユンギ
ユンギ
ダメじゃないですか!
スヨン
スヨン
話すから、寒いし一旦中入ろ?
ユンギ
ユンギ
はい。

---------------------------------------------------
ナムジュン
ナムジュン
ヌナ。そんな手紙が来たんならちゃんと話してくださいよ…
スヨン
スヨン
ごめん。みんなに怖い思いさせたくなくて…
ナムジュン
ナムジュン
ヌナが辛い方がもっと嫌です!
こういうことはちゃんと話してください!
スヨン
スヨン
はい…
グク
グク
11月30日の夜。今日なんですよね?
グク
グク
ヨナちゃん。君は一切関係ないんでしょ?
ヨナ
ヨナ
はい。何も知りません。
グク
グク
そっか。
ホソク
ホソク
あ、マネヒョンから連絡で…
ホソク
ホソク
スヨンヌナが病院抜け出したのが、バレて騒いでるらしくて、今からマネヒョンうちに来るって
ヨナ
ヨナ
え!スヨンさん大丈夫なんですか!?
スヨン
スヨン
大丈夫大丈夫!ありがとね!
ヨナ
ヨナ
はい…♡



ピンポーン
ナムジュン
ナムジュン
あ、来たみたいですね。
ウナ
ウナ
私出てくる。
ナムジュン
ナムジュン
ありがとう〜
ウナ
ウナ
うん。
グク
グク
(ん?ウナ顔引きつってない?)
グク
グク
……!!
グク
グク
ウナ!!行っちゃダメ!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

_여름_
_여름_
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る