無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🤍
じゃあさ__。


















菅原『本当にバレー部に入部してくれない?』
あなた『…へ?』
菅原『あ別に無理しなくていいべ??!』
あなた『私なんかが入ってもいいんですか…?』
菅原『おう!おう!清水も喜ぶしな!』
あなた『清水先輩が喜ぶなら…!!
わ私…バレー部入ります…!』
菅原『よし。そうと決まれば来週…いや明日から!!』
『朝から練習だべ!』
あなた『 へ……?』
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
朝
(こんな早くから部活とかどんな生活してんだよ…)
あなた『ねむ~……』
田中『あ!!!あなたちゃん??!!やべっ』
あなた『田中…さん?おはようです』
田中『あ、ああ。あ、えっとあのーあーね、』
あなた『……あのもしかしてですけど…秘密の練習なんですか…』
田中『………』
あなた『え?バレたらやばくないですかこれ私退部させられないですよね怖いんですけど』
ガラッ
田中『ヒイッッッ』
菅原『おっはよー!』
あなた『菅原先輩!』
菅原『なんだ田中ー?先輩みて怖がってんじゃねーよー!』
田中『や、大地さんかと…』
菅原『あぁ。それは俺もなる』
あなた『うぇ…?』






バコォォン!!
あなた『いった…』
菅原『あああああなたちゃん大丈夫??!!』
???『すみませーん?』
あなた『あ!昨日の朝会隣の席だった人!!』
影山『影山っす』
???『俺もちゃんといるぞーー!』
日向『俺日向翔陽!!』
あなた『1年…?ですか?』
ふたり『こくっ』




日向『君は?!』
あなた『わ私も1年のあ天ヶ瀬あなたです……!』
菅原『緊張してる?笑(ボソッ』
あなた『そんなわけ…!(ボソッ』
菅原『ほんとに?』
あなた『ほ本当です!』
菅原『ん~?じゃあなんでそんな顔赤いの~?』
影山『熱あるんすか。大丈夫っすか。』
あなた『だ、大丈夫で、す、』
(男の人慣れなさすぎてやっていけんのか私…)







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

放課後
あなた『清水せんぱい…』
清水『ど、どうしたのあなたちゃん』
あなた『影山さんと日向さんのなんかあれ明日じゃないですか…』
清水『う、うん、』
あなた『さっきからその事考えただけで胃がキリキリするんです……』
清水『プッ…あはは笑笑
あなたちゃん大丈夫~?』
あなた『なんでわらってんですか!!』
清水『んふふ、あなたちゃんありがと、
明日、楽しみだね。』
あなた『……(くそかわいい…)はいっ!』
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


どうも作者です!
テスト期間で投稿できてませんでしたごめんなさい😿
いまガンガンテスト期間ですが合間に投稿していくので良ければこれからもみてくれると嬉しいです(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)♡
最後までご閲覧ありがとうございました!!♡