無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🤍
(私は今日から華のJK!
高校デビューを果たすために漫画読んでシュミレーションしてきたし、珍しくあんまり緊張してないし、
なんか今日は大丈夫な気がする……!)
(そういえば今日は部活見学あったっけ…?
"マネージャー"してみたいんだよね~)
あなた『きゃっ』
???『あ、ごめんね!』
あなた『あ、大丈夫、です、』
???『どうした?もしかして迷ってる?』
あなた『いや、そんなことは、、、!』
???『ここ3年のフロアだよ?』
あなた (ん…?いやいやまてよ、1年のフロアって確か……)

『ここ2階ですか、』
???『笑笑ここは3階だよ』
あなた (Oh…なんて綺麗なお顔…2次元からこんにちはですか??)
(えまっていま3階って言ってませんでした??)

『3階…ですか。』
???『うん笑案内しよっか?』
あなた (ええい!折角だし!!)

『お、お、ぁお願いしたいです!』
???『はーい。分かったよ。』
あなた (こういう時こそ名前を聞くんだ…!)

『えっと、、お名前は、、』
???『俺は3年の菅原孝支。』
あなた『えあ天ヶ瀬あなたです…!』
菅原 『あなたちゃんはさ、部活何入るの?』
あなた『ん~…あんまり決まって無いんですよね~でもマネージャーとかしてみたいです』
菅原『あなたちゃん…(ガシッ)』
あなた『はははははい??!!!!!』
菅原『男バレのマネージャーしてよ』