無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🤍
割愛__
あなた『あっという間にこんなに暗く……』
菅原『どうしたあなた?帰んないのか?』
あなた『あっ菅原さん…!いやちょっと暗いな~って……』
菅原『あなたは意外と女子だもんなー。』
あなた『意外とってなんですか!私はれっきとした女の子です!乙女です!』
菅原『わかったってー。笑俺が送ってくべ』
あなた (キュンっ……)
あなた『菅原さんいけめんですね…』
菅原『あったりめえだべ!☆』
澤村『ほらそこ早くでろー』
あなた『ふぁぅはい!!!』
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

それから菅原さんはたくさんお話してくれた。

好きな食べ物とかなにが得意なのーとか。
バレー部に入れてよかったと思えることがまた増えた。
____そんな日々が続くはずだった
割愛___
次の日の朝
あなた『ふぁぁ……ねむ…』
クラスの女子『あなたちゃーん!先輩がよんでるよー!』
あなた『は!はいー!!』
クラスの女子『あの先輩だれ?』

クラスの女子2『バレー部の菅原先輩だよ!』

クラスの女子『えーめっちゃイケメンじゃん』

クラスの女子2『私もバレー部入ろっかな~笑』

クラスの女子『男目当てかよー!笑』

ヒソヒソ……
あなた『菅原先輩どうしたんですかー?』
菅原『あ あなたー!清水が呼んでる』
あなた『清水先輩…!!!』
清水『あっあなたちゃんっ!』
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
清水『新しいマネを探そうと思ってるの、』
あなた『ああ!なるほど……!』
清水『だから部活入ってない友達とか居ないかなって、』
あなた『んー…あ!』
あなた『谷地さーん!』
谷地『うぇっあ!あなたちゃん!!』
谷地『どなたですかその綺麗な方は……』
清水『男バレマネの清水潔子だよ』
あなた『谷地さん!男バレのマネやらない?』
谷地『?!??!はい??!!』
清水『やった!じゃあ放課後体育館来てね!』
あなた『やりましたね!清水先輩!』
清水『これで心配ないかな、』
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
最後まで閲覧ありがとうございます!!
総閲覧が300超えました😭✨
いつも読んでくださるみなさんのお陰です( т_т )♡
本当にありがとうございます☕️