無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🤍
菅原『男バレのマネージャーしてよ』







あなた 『へ?』
菅原『男バレのマネージャー!!してほしいなって!!』
あなた『え???!!!!』
菅原『とりあえず今日部活見学おいでよ』
あなた『は、はひ…(あやべ噛んだ)』
菅原『あ もうついたよ。じゃ、待ってるべ』
あなた『はーい………』
はい とは言ったものの………
運動苦手っていうかなんもできないしな…

友達すら居ないし…

大丈夫か私…………









HR
先生『はーいそれでは自己紹介お願いします』
じ、自己紹介…か…
うわあ、めっちゃ苦手これ…

なんて言おうかな……
先生 『はいじゃー次の人ー』
あなた『やべっは、はいっ!!』
あなた『えーっと…天ヶ瀬あなたです…
漫画とかが好きです……お願いします……』
88888888888888
???『あなたちゃんて言うんだ!』
あなた『はい…?』
ひな『私は江上ひな。よろしくね!あなたちゃん!』
あなた『うん……!!よろしくね!』










先生『HR終わるぞー』


みんな『はーい』
きりーつ礼
ありがとうございましたーー!







あなた『ふぅーーー…疲れたあ……』
ひな『わかる~あ!あなたは部活どこ入るの?』
あなた『私ー?私はなんかさっき先輩らしき人に男バレに来いって言われた……』
ひな『男バレ??』
あなた『そうそう。どうしよっか…((』
???『なにバレーやってたの?』
あなた『へ?』
ひな『月島~あなたびっくりしてんじゃんー』
あなた『月島…さん?』
ひな『そう。月島蛍。』
あなた『よ、よろしくです…』
月島『うん』
あなた『ところで月島さんは男バレ入るの?』
月島『そうだろうね。あと月島でいいよ』
あなた『わかりました…』
ひな『あなた敬語抜きなよ~』
あなた『え?!なんか怖そうじゃん…』
ひな『クラスメイトなんだから!ね?』
あなた『はい……じゃなくてうん…』
月島『それでマネやるの?』
あなた『マネはやってみたいと思ってはいたけど……』
ひな『ほんと?!私もなんだよねー!』
あなた『え?!ほんとに?!』
ひな『ちなみに私はサッカー!サッカーしてたからね!』
あなた『そっか~。まあとりあえず今日は男バレ行こうかな?』
月島『ふーん』
あなた『ふーんてなに』
月島『べつに』
ひな『ブッwwww』













_部活見学の時間_
あなた『体育館…でっか……そして人もでかい…』
(そういえばあんまりバレーの漫画読んだことなかったな)
菅原『お!あなたちゃん来てくれたんだ!』
あなた『あ菅原先輩……』
菅原『大地ー!!!』
大地?『お!マネージャー志望か!』
あなた『よろしく…お願いします…』
???『あ"ーー!おまえー!!』
???『…………あ去年のちっちゃいやつ』
???『なんだとー!!!』
あなた『あの人達1年生……ですか。』
大地?『ああ。そうだ。ちなみに俺は主将の澤村大地。』
あなた『主将…!一年の天ヶ瀬あなたです』
澤村『わかった。じゃあ女マネがいるから一緒に仕事みたりしてて。』
あなた『はい!』
澤村『女マネの清水だ。』
清水『よろしくね。あなたちゃん』
あなた『あはい!色々と未経験ですがお願いします!』
清水『女の子同士だし色々相談してね。』
あなた『清水先輩…!!(感動)』













ここからあんなに大変な毎日が始まるなんて思いもしなかったのです_