第139話

🦄🐱2 / 微🔞
6,910
2022/12/12 18:18
















シュガヒョンがお風呂からあがったのを

見て、部屋に誘う。



少し恥ずかしそうにしながら

誘いに乗ってきたヒョンはとても可愛かった。






誘ったのは僕だから

とりあえず僕の部屋に、って思ったんだけど


シュガヒョンが頑なに自分の部屋に来いって

言うから、


言うことを聞いて、今はシュガヒョンのあとに

着いていってるところ。



まだ少し濡れている髪が

その先から垂れる雫が、なんとなく僕の気を

逸(はや)らせる。



こんなのに興奮するなんて……恥ずかしい笑




まぁでも、ヒョンも悪いよね。


こんな無防備にいろいろ晒して。

僕だから、とかだったら嬉しいんだけどさ。





気付けばヒョンの部屋の前だった。


促されて、中に入る。



シュガ
シュガ
テキトーに座って、笑
ホソク
ホソク
うん、ありがとう



ヒョンの部屋にあるソファが好きで


買ったばかりの頃によく部屋を訪ねて

座らせてもらっていたことを思い出す。



思い出してしまうと確かめたくなるもので、

僕はそのソファに座った。


うん、やっぱりいい座り心地だ笑



シュガ
シュガ
……ホソガ、今日なんで俺を
誘ったんだ?
ホソク
ホソク
恋人と一緒にいたかっただけ。
なんで?
シュガ
シュガ
ぃ、いや……?///
なんか、悩みとかあるのかなって
思っただけ、…//



わざと『恋人』って言ったのが

効いたみたい。笑



てか、悩みがあると思ったから

わざわざ部屋に呼んでくれたのかな。


ほんと、どこまで優しいんだか……笑







……あぁ、そういえば

イチャイチャしてる場合じゃないんだった。


まぁイチャイチャしてる場合なんだけど、

そうじゃなくて



昼間のあれを試そうと思って誘ったんだ。






ヒョンの唇を見つめる。




ますます赤くなるヒョン。

可愛らしい。



シュガ
シュガ
ほ、ホソガ……?
俺の、口か? 口になんかついてる
のか……??💦
ホソク
ホソク
あははっ、ごめんごめん笑
何もついてないよ、大丈夫。
……ねぇ、ヒョン
シュガ
シュガ
な、なんだ……?
ホソク
ホソク
……そこに膝立ちになって、
これ、舐めて


ーーーーーーーー







舐めて、と差し出されたのは


あろうことか、

ホソガの指だった。



シュガ
シュガ
っ、?? …ぇ、へ、…な、何?
ホソク
ホソク
舐めて、これ。僕の人差し指。
舐められないなら、咥えるだけで
いいからさ。ね?



鋭く熱の籠った視線に射られると


素直に言うことを聞くしかなかった。



ホソガの前に膝立ち、というより

正座をするような形で跪き、


口を開けて、口内にホソガの指を迎える。



シュガ
シュガ
…っ、ん…っ///
ホソク
ホソク
ふふっ、いい子。舐めてみて



飴玉を転がすみたいに

頑張ってやってみるが、全く上手くいかない。



シュガ
シュガ
はむっ、…んっ、チュッ…んぅ、っ///
うまく…れきな、ん…っ、…ぁ//



てか、なんか……




気持ちいい、かも……なんだ、これ。




ホソク
ホソク
……気持ちいいんですね、ヒョン
シュガ
シュガ
っ、!?!?///
…しょ、なんじゃ…な、ぁ…っ//
ホソク
ホソク
えー、そうですか?
そんなこと言ってるけど、さっき
からずっと腰が揺れてますよ?笑
シュガ
シュガ
っ、!!////



言われて気付いてしまうと

だんだん恥ずかしくなってきてしまって


止めようとするけど、止まらない腰の揺れ。




俺が腰を気にしていると、

それが気に食わなかったのか、気まぐれか、


ホソガの指が

急に奥の方まで突っ込まれた。




シュガ
シュガ
んぐっ、…っ、!?///
かっ…かひゅっ、ほしょ、…っ//
ホソク
ホソク
こっち。俺の目、見て



さっきまでのホソガとは全然違う。



獲物を狩るような瞳に見つめられれば

途端に視線が固定されてしまって


身体も動かせなくなってしまった。




喉の近くまで入った指が苦しいのに、


自由に話せないのもつらいし

顎も痛いのに、



手を振り払うことも、目をそらすこともできない。




ただただ見惚れてしまう。



ホソク
ホソク
……可愛いですね、ヒョン。
はい、じゃあ舐めるのおしまい



しばらく見つめ合っていたが、


満足したのか

俺の口から一旦指を抜くホソガ。



シュガ
シュガ
💭お、終わった、のか……?
ホソク
ホソク
……ふふっ、まだ終わりじゃない
ですよ、ヒョン。笑
シュガ
シュガ
っ、!!
💭ば、バレてる……💦💦
ホソク
ホソク
口、開けて?
シュガ
シュガ
……っ、…ぁ、……///




ホソガは親指で俺の顎をぐ、と下に引き

口を開けさせると、


再びその中を指で犯そうと人差し指を

差し込んできた。





コショコショ、コショコショ……



シュガ
シュガ
んっ、…ふ、は……っ、ぁぅ…///
ホソク
ホソク
気持ちいい?
シュガ
シュガ
ひ、もちく、な…っ、//
ビクビクッ、カクンッ、…♡
ホソク
ホソク
でも、また腰揺れてますよ?笑
シュガ
シュガ
ゅ、れて、な…ぃ、っ…、///
カクッ……ピクッ、ピクピクッ、♡
ホソク
ホソク
こーら、我慢しないで。
さっきみたいに揺らしてて?
シュガ
シュガ
ぁ、はぅ…っ、んっ、ん"ん…////
ホソク
ホソク
恥ずかしい?
シュガ
シュガ
っ、……コクコクッ、はじゅ、かひ…///



舌の上、歯列、頬の内側……



いろんなところを触られて、

その度になぜか腰が揺れてしまう。



口の中が感じる、なんて、そんな……

そんなこと、ない、はずなのに……///










……コショッ、

シュガ
シュガ
っ、!?!?
はっ…ゃ、ぁ"ぅ、…っ、ん"ぁ♡
ホソク
ホソク
……上顎が好きなんですね。笑



コショッ、コショコショ……サワ、サスサス……




延々と上顎を責められて

声を止めることもできない。



というか俺、こんなところで


感じちゃってるの、恥ずかしい……////



シュガ
シュガ
っ、ふぁ…っ、んっ、ひゃ、ぁ♡
やら、も…ぃっか、やめ…っ、///
ホソク
ホソク
このまま擦ってたらいけそう
ですね、ヒョン。やってみる?
シュガ
シュガ
やらな、…っ、はっ…んぁっ、♡
ゃ、も、らめなの、に…っ、///




ほんとにいっちゃうかも、と思ったその時


急に指が抜かれた。





そして、それとほぼ同時に奪われる

俺の唇。


もちろん、そこにはホソガの唇が重なっている。



流れるように入ってきた舌で、俺の舌が

絡めとられてしまった。



シュガ
シュガ
んっ、はふ…ん"ッ、チュッ、…っ"♡
💭やば、いく…っ!////





ヂュッ、♡





シュガ
シュガ
っ、!!!♡ ん"んっ、…っ♡
…っっ…、っ"♡ ガクガクガクッ、♡
ビクンッ、…………ぷはぁっ、!///




いきそう、と思った瞬間


ホソガに舌を思い切り吸われて、

頭の中で星が弾けた。



襲ってくる快楽に飲まれて、いっているのに

キスは止まなくて


やっと息が吸えたのは

いってからしばらく経ったあと、


俺がいき切ったのを確認したホソガが

ようやく唇を離してくれてからだった。



ホソク
ホソク
初めてそんないき方したの見た
……もう言い訳できないですね、
気持ちよかった?
シュガ
シュガ
…っき、もちか、た……っ、///
くち、またいじめてほし…、♡
ホソク
ホソク
ふはっ、可愛いですね。笑
……どうします? 今日はもう疲れ
ちゃったかな、ヒョン




それはもちろん


そういうことへのお誘いの言葉で




疲れてないって言ったら嘘になるけど


正直、口をいじられて甘くいっただけだから

満足もできていなくて……






だから




シュガ
シュガ
……こ、こっちも、したい…っ////




ホソガへ向かって

おしりを向け、よく見えるようにする。



ズボンをゆっくりと脱いで

なるべく扇情的に……///




恥ずかしいけど、効果は覿面のようだった。



ホソク
ホソク
そんなに煽って……知らないです
からね、俺は我慢する気だって
ちゃんとあったのに……ねぇ、



ホソガの顔を振り返るように見ると、

腕を引っ張られ、


すぐに上も下も布という布を全部剥がれて

引きずられるようにベッドに転がされる。



戸惑っている俺に、

至って冷静に、でもひどく熱を持った声で

ホソガが言う。




ホソク
ホソク
いつもより激しくなっちゃうかも



ばくん、と心臓が跳ねた気がした。















ーーーーーーーーーーーーーーーー

はい! 一旦ここまでです!!





本当に本当に時間が空いてしまいました……


大変申し訳ありません!!🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️




お詫びといってはなんですが、

いつもより少し長めに書いてみました。


お待たせした分、楽しんでいただければ

幸いです……🙌





では、次回もこの続きになると思いますので

また更新まで気長にお待ちください🙏




また次回のお話で!

あんにょーーーーーーーーん👋👋👋

プリ小説オーディオドラマ