プリ小説

第4話

第三話
片寄 涼太
亜嵐くんが女子誘うなんて以外!
どうしたの?
白濱 亜嵐
別に
コイツがいじけてたから
片寄 涼太
あぁー!
慰めたいってこと⁉︎
小瀬村さんだよね?俺らあんまり話したことないよな?
小瀬村 〇〇
小瀬村 〇〇
はい。
片寄 涼太
うんうん。正直だねー笑
橘 彩花
橘 彩花
あなた!
何言ってるの⁈
片寄 涼太
いいよいいよ、橘。
そうだ!本格的に合わせようぜー、ソロ。
橘 彩花
橘 彩花
はい!
明日の放課後やりますか?
片寄 涼太
うん!
小瀬村 〇〇
小瀬村 〇〇
彩花、ダメだよ!
私たち体育祭の選抜リレーの選手なんだから
片寄 涼太
すげぇわ、
俺今年選ばれてないんだよね笑
亜嵐くん選ばれてるよね?
白濱 亜嵐
あぁ、お前ら2人何組?
小瀬村 〇〇
小瀬村 〇〇
青組です!
橘 彩花
橘 彩花
青組です!
片寄 涼太
亜嵐くんと一緒じゃん!
俺だけぼっちかよ笑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー変なとこで終わってすいません

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はるはる(๑╹ω╹๑ )♡
はるはる(๑╹ω╹๑ )♡
よろしくお願いします