無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7.






あれから放課後は頑張ってじょんぐくセンセーとお勉強をしてました。

















誰にも言ってないし、私の成績がよくないのはみんな知らないはず✩°。⋆⸜(*˙꒳˙* )⸝















………



















フツーに学校
ソア
ソア
ネネ、あなた.
(なまえ)
あなた
ん?どうした?
ソア
ソア
応援してくれる…んだよね?
(なまえ)
あなた
何が?
ソア
ソア
じょんぐく先生と上手くいくように応援してくれるって
ソア
ソア
あなた、言ってたでしょ??
(なまえ)
あなた
あー、うん.言った.
ソア
ソア
なら、何で…













放課後二人でいるのかな…
















あなたはそんな子じゃなかったのに…
























前の子みたいなのは嫌だけど、私の恋


















応援してくれないと.




















ね?


























































あなた?


























next🐰