無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

30.



あの後、同じベットでじょんぐくセンセーと健全なおねんねをしました()











じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あなた,あなた~
(なまえ)
あなた
んんぅ…
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
こら!!そんな可愛いとチューしちゃうぞっ!!








ちょっともうじょんぐくセンセーキャラ迷宮入り←










(なまえ)
あなた
今起きますぅぅぅ…





とか言って目を開けない私は常習犯( 'ཫ' )










じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
起きて??今日学校.
(なまえ)
あなた
へ?!







時計を見るとまだ6時半.









(なまえ)
あなた
なぁーんだ.まだ大丈夫ですよ~






そう言って二度寝しようとしたら、









じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
せっかく俺が朝飯作ったのに…
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あなたは食べないの?
(なまえ)
あなた
え?













んぎゃあああああああああ










(なまえ)
あなた
食べます!!起きます!!









ちょろいなーとか思うじょんぐくセンセーはダメな大人ですね( ˙꒳˙ )











じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
どうぞ〜





出てきたのは目玉焼きとベーコンと…The朝ごはんって感じ










(なまえ)
あなた
美味しい!!
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
うふ、良かった。












幸せな時間が学校に行くことによって









幸せではなくなることに誰もが分かったはずなのに.


































next🐰