無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18.




ソアと屋上で別れてから5時間目の体育の為に体育着に着替えて体育館へと急ぐ.















体育の授業は苦手だ.













運動が嫌いって言うこともあるけど,じょんぐくセンセーが体育担当だから…



















きっと…ソアはわかってくれるはず…














…………………………………





じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
今日はバスケやるよー





ミンナ.

いえーーーい!
















こんな時に限ってバスケか…


















辛、



















しばらく生徒同士の試合があった…















女子
女子
先生!!先生もバスケやってください!








女子達.

やってくださいー!!











じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
しょうがないな〜






センセーvsバスケ部










女子達はセンセーのことを応援している…














心做しか私もじょんぐくセンセーのことを目で追いかけていた…



















(なまえ)
あなた
ヤバッ,頭クラクラする…💭





忘れてたけど、生理2日目だったんだ…













休めばよかったかな、










ちゃんとしなきゃと思う気持ちとは裏腹にどんどん重くなっていく瞼…













世界が,いや、私の身体が曲って行ったのが自分でもわかった


















じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あなたッッ!!









じょんぐくセンセーが私を呼んだ気がしたけど、












私の体はいゆことを聞かずに瞼を閉じ,意識を手放した.

















next🐰