無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

26.



お出かけ当日.













ピンポーン


(なまえ)
あなた
はい
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
お.あなた
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
迎えに来たよ,行こうか.
(なまえ)
あなた
了解です











飛ばして夕方(雑とか言わないで)











センセーと色んなところを回った.カフェに服屋さんに.遊園地.
















じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
綺麗だねー夕日.
(なまえ)
あなた
はい.
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
観覧車乗ろ!!
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
" 最後に "










センセーは私を虐めているのか.













楽しかった.今はこの時間が、今日が終わって欲しくないと思う.














『足元にお気をつけてお乗りくださーい』














そう言われて赤色の観覧車に乗り込む.













じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
今日は楽しかったね.
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あなたから誘ってくるのびっくりしちゃったよ.笑






またそうやって笑顔で話しかけてきちゃったりして.













(なまえ)
あなた
楽しかったですよ?私は.笑





この気持ちがセンセーに気づかれてしまわないように、笑って誤魔化す.













じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
その笑顔好きだな.
(なまえ)
あなた
え?
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あなたの笑顔が好きだ.
(なまえ)
あなた
…ッッ











そんな事言わないでよ……











そんなこと言われたら,無理して心の中に閉じ込めている気持ちをあなたの笑顔という名の

















鍵で開けてしまいそうで怖いから.













じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あなたのこと好きだから.
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
ずっと前から.笑















やめてよ,歯止めが利かなくなる.











今すぐにでも開いてしまいそうな程思いは募っているのに














その『好き』は、私がセンセーに思っている『好き』とは違うってわかってるのに.















(なまえ)
あなた
センセー.??










口が言うことを聞いてくれない.











(なまえ)
あなた
私センセーのことが異性として…ッッ












赤色の観覧車はもうすぐ1番上に到達する.





































(なまえ)
あなた
好きなんです…














言ってしまったからにはもう


























































戻れない.





















next🐰