無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

24.




ソア
ソア
良かったジャーン









なんて言いながらヘラヘラ笑っているソアは
ソア
ソア
あ!じょんぐく先生に会う時の服買わなきゃね!!







なんて言ってはしゃいでいる.
(なまえ)
あなた
何で…(ボソッ)
ソア
ソア
ん?
(なまえ)
あなた
保健室であったこと全部見てて、辛い思いしてるのに会えるわけないじゃん!!
(なまえ)
あなた
じょんぐくセンセーにはジウン先生がお似合いなんだよッッ
(なまえ)
あなた
私が入る隙間なんかないのにっ
ソア
ソア
あなた…
(なまえ)
あなた
全部知ったようなこと言わないでっ!!
(なまえ)
あなた
私だって悩んでるのっ!!
(なまえ)
あなた
わかってよ…泣
















カフェは今でも開店中.














他のお客さんだっていて、ソアだってユンギさんだっているのに

















なんであんなにも声を荒らげたんだろうか…














きっと気持ちに余裕がないんだ.


















じょんぐくセンセーに会うことで今の気持ちや状態が変わってしまうことが怖いんだ













人間は変わってしまうことが怖いいきものなんだろうか…

















少なくとも私は…























自覚なしに怖がっているのだろう…















確信がない.じょんぐくセンセーが私を選んでくれることに

















どうしたら自信が持てますか?












センセー.













好きって言ってよ…ッッ


















next🐰















ちょいと今日はいつもより短めです