無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12.






今日はお母さんが仕事の関係で家帰って来れないって話したら















なんか、じょんぐくセンセーのおうちに行くことになりました…












……………………………………







じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
どうぞー、入って
(なまえ)
あなた
あ、ありがとうございます…






白と黒で統一された綺麗なお部屋.














じょんぐくセンセーのいい匂い…







じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
テキトーに座ってて,
(なまえ)
あなた
あ、はいッッ







気まずい…











じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
お酒ッ~,お酒ッ~♪





お酒?!









じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あ、あなたいるからダメか、
(なまえ)
あなた
あ、いいですよ全然気にしないで下さい。
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
そーお?
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
じゃあお言葉に甘えてー、
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あ、ない…!!
(なまえ)
あなた
え、?
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
在庫切れ~…待ってて、すぐ買って戻ってくるからッッ!!
(なまえ)
あなた
ちょっ…




ガチャン












(なまえ)
あなた
行っちゃったし、、、







部屋の小物を見て回る.















(なまえ)
あなた
わぁ、これセンセーが学生の時かな、かっこいい…







やっぱ学生の頃からイケメンだったんだなって納得する.










(なまえ)
あなた
あ、これアルバムかな、
(なまえ)
あなた
すぐ戻せばバレナい!!、、、、!!




中を見ると、センセーの学生らしき写真が沢山あった。





















最後の写真は裏返してあった.










(なまえ)
あなた
ん?何これっ…見ちゃおー笑









ッッ…














その写真に写ってたのは










じょんぐくセンセーと綺麗な女性で















じょんぐくセンセーからキスをしている写真だった.












(なまえ)
あなた
見るんじゃなかった…笑







辛い思いをするのは私の方なのに、















なんでこんなにも、















後から後悔してしまうの……?






















next🐰