無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6.






助けてください。



















私の夏休みいぃぃぃぃ!!




















なぜこんなにもわたしがあせっているかと言うと、











じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
あなたさん、
(なまえ)
あなた
フエッ!?









変な声出た










じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
このままじゃ夏休み,,,
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
補習だよ?









(なまえ)
あなた
え?









ちょっとごめんなさい私頭悪いから‪‪𐤔
























こーゆーときってどうすればいいの、












じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
んー、2人で補習しよう!放課後に
(なまえ)
あなた
ほ、放課後!?


















あぁ、私のマカロンよ















(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪














って言ってる場合じゃない!















(なまえ)
あなた
センセー、補習とかできるの?









この人だけが心配だわ、、、、
じょんぐくセンセー
じょんぐくセンセー
わかんないッッ♡

















何でもかんでも『わかんないッッ♡』で許すとでも…
















(なまえ)
あなた
モー、いいですよ







おっと、気の緩みでokしてしまったではないか、























































あー!!















(ズベンヤー)















ちょっとそくじんくんのネタをお借りして。





















…補習やだなっ♡



















next🐰