無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ごめんな 14話
二人は甘い夜を過ごした後寝てしまった
市)ん?あれ?俺なんで清春のベットで寝てんだ?
慶一郎は最初は戸惑ったけども、後からどんどん記憶が蘇ってくる
市)あぁ〜俺やっちゃったなぁ。
清)んっ?
市)清春起きたか
清)おはようございます。
市)おはよう。あのさ清春
清)昨日のことなら忘れましょ。何も無かったそれで終わりです。メンバーにも言わないでくださいよ!
市)言わねぇよ。じゃあいつも通りね。
清)はい。
今日1日二人は何も無かったように1日を過ごした
終わりです。最近短くてすみません。昨日投稿できなくてすみません。清春くんと市川くんの中には恋心は生まれませんてましたね( ´・ω・`)