無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

浮気だよね 10話
さ)涼雅が浮気?そんなはずないよね。でもあれはエッチしてたよね...三波斗と
さ)あぁぁ〜!もう寝よ!考えても無駄だよ!明日聞こ!
さつきはぐっすり寝てしまった
さ)やっぱりあれは夢じゃないよね。
米)さつき起きろ!今日は仕事あるんだよ!
米)あっ!起きてたんだ。
さ)おはようございます
米)おはよう。着替えたらリビング来て
さ)はい
さつきはリビングに行った
や)やっと来たぁ!遅いよ
さ)ごめんなさい
米)今日は清春と小太郎はオフね他は仕事あるからシュケジュール確認よろしく!さつきは今日も仕事だから体調管理とかきちんとしてね。疲れ溜まってきてるでしょ。
さ)別に大丈夫ですよ!
米)それならいいんだけど...
さ)じゃあ僕は大学いってきます
9bic)いってらっしゃい
さつき以外は全員帰ってきた
小)さっちゃん遅いね
清)そうだね。大丈夫かな?
三)電話してみる?
清)一応しておいて
三)了解
プルルルル……プルルルル←電話の音
さ)もしもし?
三)さっちゃん!
さ)どうかしたの?
三)こたときよちゃんがさっちゃんの帰り遅くて心配だったらしいから電話してみた
さ)そうなんだ!もう家着くから大丈夫だよ〜
三)わかった!
さ)それじゃあ切るね〜
電話を切った
三)もうすぐで家だって
小)良かったぁ
清)三波斗電話してくれてありがとな
三)うん!
さ)ただいまぁ
小)おかえり〜
さ)ただいまこた
さ)涼雅!
涼)なに?
さ)今時間ある?
涼)あるけど。
さ)用事があってさ少し付き合ってくれる?
涼)いいよ
清)さっちゃんどこに行くの?
さ)近くの公園
清)なんで?
さ)ちょっと用事があって
清)気をつけてね
さ)うん!
公園。
さ)涼雅
涼)なに?
さ)涼雅は僕のこと好き?
涼)う...うん!(三波斗のこと好きになったなんて言えない)
さ)そっかぁ。(泣)
さつきはポタポタと涙を流した。
涼)えっ?さっちゃん!
さ)あ〜ぁ泣いちゃったw
さ)涼雅は三波斗のこと好き?
涼)えっ?なんで三波斗の話になるの?
さ)三波斗が関係してるから。それで三波斗のこと好き?
涼)別に好きじゃないよ。
さ)じゃあ涼雅は浮気した?
涼)...して...ない
さ)また嘘つくんだ。涼雅は嘘をつかない人だと思ってたんだけどなぁ(泣)。どうして?どうして嘘をつくの?なんで浮気するの?三波斗とエッチしたの?なんで?なんで?(泣)
涼)ごめん
さ)ごめんじゃ分からないよ!
涼)……。
さ)黙らないでよ(泣)涼雅は三波斗のこと好きなの?
涼)うん
さ)わかった!別れよ
涼)う...ん
涼雅は悲しい顔でさつきを見つめた
さ)なんでそんな顔するの?
涼)ごめん。
さ)なんかこっちこそごめん。
さつきは情緒不安定になっていた
さ)これからはさ、メンバーとして接していこ!
涼)うん!
さ)三波斗と幸せになってね
涼)わかった
終わりです。りょがさつは終わりましたね。次はどんな展開が来るのでしょうか?お楽しみに〜