無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

β?Ω? 16話
小)やばい...はぁ...さっちゃん薬どこ?
さ)くすぃり//?
小)うん//
さ)机の中〜はぁはぁ/////
小)(やばいやばい。さっちゃんエロすぎ。抑えろ抑えろ)
小)これか!...はぁはぁ///...中身ないじゃん
さ)へぇ///?
小)さっちゃん他は?
さ)なぁい
小)わかった...はぁはぁ...ちょっと待ってて
小太郎は部屋を出てけいきよの部屋に行った
バン
小太郎が思いっきりドアを開ける
清)こた!どうした?
市)お前顔真っ赤だぞどうした?
小)きよ!急いできよの薬ちょうだい!
清)えっなんで?
小)いいから早く!...はぁはぁ
清)わかった。
小太郎は清春から薬をもらい急いでさつきの元に行った
市)あいつどうしたんだ?ヒートじゃないよな?
清)ヒートじゃなくてなにか興奮してましたよ。こたがヒートだったら市川くん反応しますよね?
市)そうだな。
清)あとこたはβですし
市)そうだよな。じゃあなんであいつ興奮してたんだ?Ωは清春しかいないよな
清)そうですね!少し見に行きましょ!
市)うん
こたさつの部屋
小)さっちゃん!急いでこれ飲んで!
さ)うん...はぁはぁ...////
さ)ごっくん
小)落ち着いた?
さ)うん。
小)さっちゃんってβだよね?
さ)……。
清)こた!
小)きよどうしたん?市川くんも
市)なんで清春の薬を持って行ったんだ?
小)なんかさっちゃんがヒートになっちゃって。さっちゃんの薬なかったからきよの薬貰った
清)ん?さっちゃんってβだよね?
小)うんw
市)さつき?どうゆう事だ?
さ)……。
清)さっちゃんなにも言わなかったらわからないよ
さ)ごめんなさい
小)さっちゃんどうしたん?ゆっくりでいいから話して
さ)言いたくない
市)おい💢
さ)はい?
市)こっちはさつきの悩み事とかもきちんと聞きたいの。教えろ。メンバーとしてはさつきの本当の性質も知っときたい
さ)ごめんなさい(泣)
終わりです!めちゃくちゃ中途半端ですね。書くのめんどくさくなりましたw。市川くん怒っちゃいましたね〜