無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
あなた

どう?、おいし?

あなた

ちょっと味濃くなっちゃったかも💦

北斗
北斗
そんなことないよ
北斗
北斗
めっちゃうまいわ
あなた

ほんとに!なら良かった

あなた

作ったかいあるし、超嬉しい♡













夜ご飯を食べ終わったあと







あなた

私お風呂入ってくるねー

北斗
北斗
ガシッ(あなた手を掴む)
あなた

え?どしたの北斗

北斗
北斗
俺も一緒に入っちゃダメ?
あなた

え?///

あなた

別にいいけど♡

北斗
北斗
先行ってて////
私は洗面台の前で北斗から貰ったネックレスを外し

服を脱いで先にお風呂の中に入った...
あなた

ぶくぶく.。

あなた

あったかーい/////

                                            2分後
北斗
北斗
ガラッ(ドアを開ける
北斗と一緒に入ることは何回もあるけど、今日は
すごくドキドキする...
あなた

あったかいね、、

北斗
北斗
うん
北斗
北斗
てかさ、今日のこともう忘れよ?
北斗
北斗
あんなに怒っちゃったし気まずくなるの
北斗
北斗
嫌だし
あなた

うん!!私もごめんね

また、あの北斗を忘れて流されてしまっている
北斗
北斗
ねぇ、大好きって言って??
あなた

え?///

あなた

なんでよ笑笑

北斗
北斗
ねえ、早く
あなた

大好き...

あなた

もぉ恥ずかしい笑笑

北斗
北斗
あなた

じゃあ北斗も言ってよー

北斗
北斗
え?///
あなた

人に言わせたくせにーーー

北斗
北斗
もちろん大好き///