無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
              北斗が会社を出る時間の30分後に私は出る


北斗と同じ会社だったらいいのに
あなた

準備、準備っと

あなた

着替え完了!

 前のこともあったし、あの先輩とは絡まないように
しなきゃな
あなた

おはようございます(ぺこり

翔太先輩
翔太先輩
オッはよーあなたちゃん
あなた

あ!翔太先輩おはようございます

翔太先輩は会社の先輩で何かとお世話になっている
         だけど、結構話しかけてくるし先輩だし
誘いはことわれないっていうか圧っていうかね
翔太先輩
翔太先輩
今日のプレゼンの資料持ってきた?
あなた

はい!準備万端です

あなた

(顔はイケメンすぎるんだよなぁ)

あなた

(ダメダメ、私は北斗しか無理無理)

翔太先輩
翔太先輩
じゃあ行こっか
翔太先輩
翔太先輩
まだちょっと時間あるけど
あなた

はい!

                               プレゼン室にて
翔太先輩
翔太先輩
あなたちゃんってさ彼氏とかいるの?
あなた

え?なんでそんな急に(困惑)

翔太先輩
翔太先輩
なんとなく
あなた

あ、一応います

翔太先輩
翔太先輩
へーそーなんだ
翔太先輩
翔太先輩
彼氏のこと好き?笑
あなた

やめてくださいよ笑笑///

                                  プレゼン終わり
翔太先輩
翔太先輩
お疲れ様ーー
翔太先輩
翔太先輩
めっちゃいい感じにいったね
あなた

そうですね!

翔太先輩
翔太先輩
この後プレゼンも終わったことだし
翔太先輩
翔太先輩
1杯いこうよ
あなた

いや、でも私...

翔太先輩
翔太先輩
知ってるよ
あなた

(違う、そうじゃなくてバレたら前みたいになっちゃう...どうしよ)

翔太先輩
翔太先輩
ね?いいでしょ?
     私は翔太先輩に無理やり連れていかれてしまった