第7話

お誕生日プレゼント ③
5,391
2021/08/23 12:52


( どちゃくそに長いです、!
あと、お誕生日編だから出しちゃいます…!もうすぎてるけど…← )

























ドサッ


(なまえ)
あなた
わッ…まんじろぉ…?
万次郎
万次郎
チュ…レロ…クチュ…チュ…
(なまえ)
あなた
んッ…チュ……ふ、クチュ…ぁ…ん…///
(なまえ)
あなた
ん、はぁ…はぁ…///
万次郎
万次郎
ん…
万次郎
万次郎
チュ…チュ…チュ…


首筋に何回もちゅーをされる



(なまえ)
あなた
んふ…ッくすぐったいよぉ…?//
万次郎
万次郎
ヂュッ…
(なまえ)
あなた
ん''ッ…//
万次郎
万次郎
…ふ、♡
(なまえ)
あなた
ん…、?♡//
万次郎
万次郎
俺のって印
(なまえ)
あなた
!おれもするっ…//
万次郎
万次郎
ん…ここ吸って、

そう言って首筋を近づけてくる

(なまえ)
あなた
ん…チュュュッ…
(なまえ)
あなた
んーッ…出来ないぃ…まんじろぉッ…グスッ…///
万次郎
万次郎
んはは…もっと強く、
( 涙目やばい……。痛い…何がとは言わないけど )←
(なまえ)
あなた
ん…ヂュュッ
万次郎
万次郎
んッ…
(なまえ)
あなた
! んへへ♡…ついたぁ…////
万次郎
万次郎
ん、偉い偉い…

そう言って頭を撫でられる。



(なまえ)
あなた
んッ…♡////
(なまえ)
あなた
まんじろぉ…はやく、/////

身体の奥がムズムズする…///


早く欲しい、♡////


万次郎
万次郎
うん。指入れるよ、

ツプ…

(なまえ)
あなた
ん… あッ…♡///
万次郎
万次郎
はは…とろっとろじゃん

そう言って、すぐに2本目、3本目と指を増やす
(なまえ)
あなた
んぅッ…あッ…ぅ…♡/////
万次郎
万次郎
もう聞こえないか…、( 媚薬…?酔ってるから…? )
(なまえ)
あなた
ん''ッ…ぁ…そ、こッ…や、あぁッ…/////
万次郎
万次郎
ここね…

グッ…トントンッ…グリッ…


と、3本がバラバラに動く
(なまえ)
あなた
あッ…い、くッ…ッぁ…ッー〜〜♡/////

ビュルルッ…
万次郎
万次郎
…早いな、
(やっぱ媚薬か…。)
(なまえ)
あなた
はぁ…はぁ…、/////
万次郎
万次郎
欲しい?
(なまえ)
あなた
ほし、い…////
万次郎
万次郎
オネダリ…出来るでしょ、?
(なまえ)
あなた
ッ…ま、まんじろぉのコレで…ッ…奥まで、ついて…ッ////

万次郎のモノを軽く触れながらそうオネダリする

万次郎
万次郎
ふ…敬語じゃないの?
(なまえ)
あなた
ん、…ムスッ…////
万次郎
万次郎
はは、いいよ…♡ 挿れるよ、
(なまえ)
あなた
ん、/////

グイッと太ももを胸あたりまであげられ




ズプ…とモノがはいってくる
(なまえ)
あなた
んぁッ…♡/////
万次郎
万次郎
ッ…もってかれそ…
(なまえ)
あなた
んっ…あッ…ぅあぁッ…♡////

ズンッ…ズチュッ…パンッパンッ
(なまえ)
あなた
あ''ッ…ひゃッ…まッ、んじろぉッ…ん''ッー〜〜♡/////

ビュルルッ…
万次郎
万次郎
またイったなぁ…♡

今イったばっかなのに変わらず

パンッパンッズンッ…ズプッ…とついてくる
(なまえ)
あなた
あ''ッ…とまッれッ…ゃ…あぁッ…ッ〜〜ー♡////
(なまえ)
あなた
ビクビクッ…ビクッ…♡////
万次郎
万次郎
ッ…で…る、んッ…

ドクドク…とお腹の中に流れる
(なまえ)
あなた
ッ…はッ…はぁ…はぁ…♡/////
万次郎
万次郎
はぁ…はぁ…


ズンッ…ズンッ…
(なまえ)
あなた
ッぁ…ッ♡/////
(なまえ)
あなた
あッ…あッ…あ''んッ…ぅッ…♡/////
(なまえ)
あなた
まッ…んじ、ろッ…まん、じろぉッ…♡/////
万次郎
万次郎
何…?♡
(なまえ)
あなた
と、まッ…れッ…ん''ぅッ…♡/////
(なまえ)
あなた
おかッ…ひく、なぁるッ…あ''ぁッ…はん…ッ♡/////
万次郎
万次郎
なればいいじゃん…♡
(なまえ)
あなた
んッ…あ''ッ……ッ、はッ……ふッ…ふッ…ぅッ…////
万次郎
万次郎
こら、手ぇ噛まないで

口に指を入れられる
(なまえ)
あなた
んッ…あ、ぅ…い、やぁらッ…こえ、こえッ…♡/////
万次郎
万次郎
大丈夫、聞かして…んッ、
(なまえ)
あなた
あ''ッ…いぐッ…いッ…くぅっ…♡/////
万次郎
万次郎
まだだめ…


そう言うと、片手を俺のモノに持っていき、ギュッと握る


(なまえ)
あなた
んぁッ…! なん、れッ…やあ、グスッ…はなひてッ…いッく、/////
(なまえ)
あなた
ヒック…いぐッ…いくいぐッ…ん''んッ〜〜ー♡/////(ガクガクッ
万次郎
万次郎
俺もッ…

ビュルル…とお腹の中に流れてくる。


が、万次郎の手によって、俺は欲を吐き出すことは出来なかった

(なまえ)
あなた
あぁッ…なんッれ、だしたいぃッ…グスッ…まん、じろぉッ…♡////
万次郎
万次郎
ふ…じゃああなたが動いて?
(なまえ)
あなた
ッん、うごく、…♡///

俺がそう言うと、万次郎は俺を抱え、仰向けになった。


仰向けになっても万次郎の手はまだ俺のモノを掴んでいた。


万次郎
万次郎
ッん…、あなた動いて
(なまえ)
あなた
う、ん…ッ♡///


ズプ…と少し腰を浮かし、


ズンッ…


と、腰を下げる。


自分の体重でよりモノが奥まで届き、目の前が チカチカ する
(なまえ)
あなた
あ''ッ…チカチカッ…♡/////
万次郎
万次郎
ん…


ペチペチ と、万次郎が俺のお尻を叩いて急かす


何故かそれにすら反応してしまう

(なまえ)
あなた
んぁっ…♡////
万次郎
万次郎
ふ、淫乱♡
(なまえ)
あなた
ッ…ぅ…♡/////
万次郎
万次郎
ほら、動いて
(なまえ)
あなた
ん、////

ズプ…ズプ…ズプ…と、万次郎のお腹に手をついて出し入れする


流石に毎回奥までいったらキツイので少し浮かしてるけど…//

(なまえ)
あなた
ふッ…あっ…んッ…////
万次郎
万次郎
さっきより落ち着いてるね、
(なまえ)
あなた
ッ!や、ち、ちがッ…ッ…あ''んッ…♡/////

そういった途端に腰をつかみ、ズチュンッ…と奥までつかれる

また、目の前がチカチカする

万次郎
万次郎
気づいてないと思ったの?((耳元


そう耳元で囁くと、上半身を起こしてくる


その弾みでモノが奥へぐぐぐと押し込まれる

(なまえ)
あなた
ビクッ…ぁ…ゃ…ちがっ…ん''、♡/////









↓ イメージ画像((えち












万次郎
万次郎
おかしく、なってもッ…は、俺がお世話するのに

ズンッ…ズンッ…

(なまえ)
あなた
あ''ッ…んっ、はッ…ゃあッ、ら…めッ…♡////
万次郎
万次郎
だめじゃなくて…ッ、もっとだろ?
(なまえ)
あなた
ひッ、あッ、んッ…あ''ッ、♡/////
(なまえ)
あなた
おく、ッ…もっ、ろ、ほし、いッ…♡////
万次郎
万次郎
ん、いい子

ズンッ…
(なまえ)
あなた
ひッ…、ッは…ッ〜ーー〜♡
万次郎
万次郎
んッ…き、つ…ッ

ビュルル…とまた中に出される


(なまえ)
あなた
ッぁ…♡/////
万次郎
万次郎
…最後出したい?
(なまえ)
あなた
ぁ…、、?////
万次郎
万次郎
ふ、もう頭回んないか
万次郎
万次郎
最後だから頑張れよ? チュ
(なまえ)
あなた
ッん…♡////
万次郎
万次郎
ん、チュ…チュ…


ズンッ…ズチュッ…コンコン…と奥を容赦なくついてくると同時に



首元にちゅーをしたり、噛み付いたり、時々強く吸ったりしてきた。

それすらも敏感になってる体は感じてしまった。
(なまえ)
あなた
ぁ…ふッ…ッは、♡/////
(なまえ)
あなた
いッ、く、いっち''ゃう''ッ…♡/////

シュコシュコシュコ と俺のモノを扱き始める万次郎

(なまえ)
あなた
い''ッ…や''ッ…あッ…ん''ん''んッッ♡////
万次郎
万次郎
ッ…い、く…ッ
(なまえ)
あなた
いぐ…あぅッ…ッぁ…♡////


ビュルルッ と行き良いよく欲を吐き出す

それと同時にお腹の中に注がれるのを感じる

(なまえ)
あなた
ぁ…♡ ガクガク…♡/////
万次郎
万次郎
はぁ、はぁ…ッ…、おやすみ チュ
(なまえ)
あなた
…ん、♡…





























首領は翌日、蘭と竜胆に










'' 最高の誕生日プレゼントだった。ご馳走様…♡ ''












そう、お礼を言ったんだとか…。

その後の蘭と竜胆の行動はご想像にお任せです…♡















Next ➛ ♡×35


プリ小説オーディオドラマ