無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

NOW 家_____
ジヌ
ジヌ
わあ、家大きい!
シウ
シウ
すっごいねぇ!
ナム
ナム
さ、入ろうか。
ホビ
ホビ
そういえば、部屋どうするの?
ジミン
ジミン
さっき手配しといたです。
あなた

なんか私以外に甘いよね。

ジミン
ジミン
もちろんさ。
グク
グク
みんな韓国人だし。
お前日本人だし。
あなた

…………………は。

シウ
シウ
みなさぁん、反日なんですかぁ?
テテ
テテ
ユンギヒョンとジミナとジョングクだよ。
シウ
シウ
えぇ、他の皆さんは違うんですかぁ?
ナム
ナム
まぁね。
ハナ
ハナ
ちょ、私頭痛くなってきた。
ジミン
ジミン
大丈夫?この前の傷………。
ハナ
ハナ
寝てくるわ。
あなた

私ついてく。

ハナ
ハナ
ん、ありがと。
ジヌ
ジヌ
あ、あとでお茶持ってきますね!
あなた

ありがと。



2階へ上がる階段を登るとき、リビングから笑い声が聞こえた。
シウ
シウ
えぇ、からかわないでくださいよぉ♡
グク
グク
お前、面白いなw
ナム
ナム
そうだ、ジミナの冷蔵庫……。
ジミン
ジミン
新しい人みんなにその話広めるんですかぁ!
ジン
ジン
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャッッッゴホッ、ウ……アッヒャ(゚∀゚)
シウ
シウ
ふふふ♡
明るい笑い声が聞こえ、なぜか胸が苦しくなる。

ハナが肩をトントンと叩いた。
あなた

ん?

ハナ
ハナ
ほら、行くぞ。
あなた

ん。

ハナの部屋について、ハナをベッドに寝かせた。

まだ響いてくるリビングの声に耳をそむけようとしても、嫌なくらいついてくる。

ハナの机にあった黒いヘッドフォンを手に取り、耳にかけた。

スマホに繋ぐと、ハナが喋りかけてきた。
ハナ
ハナ
また無断で使うのかw
あなた

懐かしいな。

ハナ
ハナ
大切なもんだから、壊すんじゃねーぞ。
あなた

たかが私からのプレゼントじゃねーか。

ハナ
ハナ
初めてもらったプレゼントなんだよ。
あなた

そっか。

またリビングから笑い声が聞こえてきた。

急いでようつべを開いて曲を流す。

ハナはすぐに寝たみたいだ。
あなた

♪〜ここにいるよ私はほら うーあうーあ 見つけ出して

なんとなく今は、ばんたんの声を聞きたくなかった。
あなた

あーあ、泣きそう。























「なよんおんにの声聞いたら、会いたくなっちゃったじゃん……グスッ。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

リンゴ🍎
リンゴ🍎
読者ニムだいすき、アイシテル。 ナムさんとジンニムと同じくらい好き。 ジヒョたまとミナリと同じくらい可愛い。 チェウォンちゃんとイェナたんと同じくらい好き。 (↑アイズワンにも同じ名前の子いるから、勘違いされる) ノンラビ好きな人いないかな。 語り合おう。 ちなみにハルくんが一番好きです。みんな好きだけど。 一ミリ先の努力 アンリズミックアンチ 絶対絡もう。  吹奏楽部でバリトンサックス🎷やってるんだお。 誰か同じ人いないかなぁぁ。 んふっ。((ドンビキ  ❤よりコメント派なんだ。 #月が沈まない夜で逢おう ふぁんまーく=🍎🐢🎧 ふぁんねーむ=いぇあ族 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー キャラメルラブ。 チング第一号。 ワイの彼女。 傷つけたらただじゃおかない。 マジで良い子。 サランヘヨ。 ☕💜 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー み〜こ🍭ちゃん、好きぴ。 本当にいつもありがとうございます。 ちんぐになってくれて嬉しかったおおおおおおおお((どした ちょっといい子同士、愛し合っています。 ちょっといい子ちゃん同盟。 うん、大好き。 user/cf2f7a+ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ローズ様! 本当に尊敬してます、愛してます、大好きです。 さっすが彼氏、チング、同盟仲間!← 良い彼氏を持って、私も幸せだよぉ♡♡♡♡♡♡♡← コメントも❤もありがとう! とりあえず神様ですね、はい。 大好きです。((何回目 あ、♡の数は負けませんからねぇ?! 【女神同盟】 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー みおたん♡( ♡と⭐とフォローありがとう。 チングになってくれてありがとう。 あはは、可愛いヨドンセンだね! たくさん語ろうね。(は #はじめてのヨドンセン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ☕💜/🐬🏖️/🌹💍🐰
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る