無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

小説書きながら反日野郎のマネやるらしいです
次の日ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジミン
ハナ、メイク上手!
グク
可愛くてなんでも出来るとか最高かよ。
テテ
んへへ、ライオンさんあげる!
ハナ
なんですか、ここは天国ですか。
ハナが昨日から家に住んで、気づいたことが一つ。
























私って空気じゃね?

みんなして「ハナ ハナ」ってさ。

え、今までお世話してきたのは誰だよ。

私なんか所詮日本人だけどさ。

流石にひどいと思わない?
ジン
ハナやー、僕もメイク!
ホビ
えー、先に言ったのは僕だよ!
ナム
ごめん、その前に僕。
ほーら、ヒョンラインまで。

別にハナが嫌いなわけじゃないし、むしろ大好き(ツンデレ)だけど。

流石に寂しくなってくるよね。

 

だから私はてきとうに理由をつけて、メイク室を出た。

Musicbankに出演するアイドルにときどき会いながら、一階の自販機についた。
あなた
いや、別に寂しくなんかないし
関わんないでくれてむしろ嬉しい。
そう、そのはずなのに。

ハナも嫌いじゃない、関わんないでくれて全然良かった。

そのはずなのに………。
あなた
あー、なんで泣いてんだろ。
頬を伝うのは冷たい涙だけで、なのに口元は馬鹿みたいに笑ってて。
あなた
あはは、だっさ。
こんなとこで泣くとか。
口から漏れる音は笑っているのに震えてて。

やっぱバンタンが好きなんだなって思っちゃった。

日本人だからっていろいろ言ってくるし、いじめてくるし、

だけど心配してくれたり支えてくれたり、

なんだかんだでバンタンが大好きだ。
あなた
もう、やだぁ。
ハナは悪くないのにハナに嫉妬している自分が嫌だし、

こんな時に助けに来てくれたらとか妄想しちゃう頭になってるのが嫌だし、

一人で泣いたのが久しぶり過ぎて逆に嬉しいし、

もう頭の中グッチャグチャで情緒不安定。

胸の中がグラグラする。
あなた
はあ……。
5分間、声を殺して泣き続けてため息をついたその時だった。
???
やっと泣き終わった?
あなた
え…………。
???
はあ……。
あなた
なんでここにいるのよ。
???
べつに。
決まり悪そうに角から出てきたのは………























みんゆんぎだった。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡