無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

小説書きながら反日野郎のマネやるらしいです
ハナ
ちょ はな
高校3年生
あなたとは幼馴染
昔日本に住んでいた
バンタンペン
くおずぺん
美人:可愛い 3:7
意外に塩だったり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハナ
てゆーことで、よろしく。
あなた
え〜、ハナと暮らすとか吐き気。
ハナ
お前ナタデココにすんぞ。
あなた
ナタデココよりアロエ派だわ。
ハナ
あ、それは共感。
ホビ
え、何この会話。
あなた
そういえばハナってバンタン好きだよね。
ハナ
まあ、うん。
ナム
え、そうなの。
ジン
よくこんなに堂々としてられるね。
グク
照れないんだ。
あなた
え、照れてんじゃん。
防弾少年団
どこが。
あなた
緊張したり照れたりすると、いつも私の袖掴むの。
ほら、今だって掴んでる。
防弾少年団
あ、ほんとだ。
ハナ
余計なこと言わんでええ。
ゆんぎ
なんかあなたがもう一人増えたみたい。
あなた
誰ペンだっけ。
ハナ
くおず。
ジミン
え!まじか。
テテ
うわぁ、嬉しい!
ハナ
(鼻血)
ごめん、貧血で倒れる。
あなた
おーい、誰か救急車。
ジミン
大丈夫?
あなた
余計なこと言わないで。
また鼻血出しちゃうじゃん。






















なんなん、この小説。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡