無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

───❷❽




結局私は保健室に来た。




誰もいないし、ベッド借りた



放課後やから外でサッカー部や野球部の声が
聞こえたりもする





私はいつの間にか眠りについてた。














「お前なんかいらんわ」




「なんでこんな奴と結婚したんやろ」




「今すぐ俺の前から消えろ」




「動きとろいねん!!!」




「見てるだけで苛立つ…」




「いっそ死んだ方がええやろ」
















あー、ウザ。



アイツウザ。








(なまえ)
あなた
…………チッ




目覚めた。




起きたら保健室の先生が居てものすんごい心配してた





保健室の先生
だっ、大丈夫なん!?、
(なまえ)
あなた
勝手に借りてすいません
保健室の先生
それは大丈夫やけど……
(なまえ)
あなた
眠たかっただけなんで、
保健室の先生
……ならええんやけど、その痣は、?
(なまえ)
あなた
階段から転けました
それじゃ、帰りますね
保健室の先生
……きーつけや、?



もう薄暗い……というかちょうど部活終わった頃で


運が悪かった。










角名 倫太郎
桃山さんじゃん
宮 治
あ〜!桃山さんや!
今帰りなん??
一緒に帰らへん??
(なまえ)
あなた
…………
角名 倫太郎
そのマスクどーしたの?



顔の痣隠すため、マスクを保健室で貰った。




あー、、、早く歩けたら、走れたら…………でも痛くて走れへん。




宮 侑
うわっ、、なんでこいつおんねん。



それはこっちのセリフや




無視し続けて、私は歩く。




まさかの門の前にさっきの先輩



北 信介
ちゃんと鍵やったやん…………な…………桃山大丈夫か?
宮 侑
え、北さんこいつの事知ってるんすか、?
(なまえ)
あなた
チッ



それも無視して歩く。



もう今ホンマにイライラしてるし、

話しかけんで欲しい



宮 治
桃山さ〜ん!



後ろから追ってくる。




(なまえ)
あなた
やかましいねん……
話しかけんな……
宮 治
……(今なんかやけにイライラしとる……やんな、?え、イライラしてるんやんな?わからへん……けど、いつもと違うから、)
宮 治
……大丈夫か、?



話聞いてたんかよ。


話しかけんなって、





ここで倒れるわけにもいかん。





家のベッドに倒れ込みたい。早く。







スッ





バシッ





伸びてきた手を振り払った。







(なまえ)
あなた
しつこいねん。
宮 治
……桃山さん、、
(なまえ)
あなた
もう、やめろ








︎︎
~北side~




部活前、廊下歩いとったら綺麗な髪色をした女子がお腹押さてて俯いとった。




話しかけると、…………『話しかけんな。』


そればっかり。


顔に痣はあるけど、綺麗な目、綺麗な顔立ち、スラリとしたスタイル。



思わず見惚れとった。





見惚れとったとはいえ、惚れてはないで。

でもなんか見惚れるわ。






何言うても『話しかけんなっ』やったから、俺は、
その場を去ったけど……ホンマに大丈夫なんかな。







そんで今、ばったり会ったけど……顔の痣をマスクで隠しとる。


そこまで大きな痣やなかったから普通に隠れとるけど……痛いやろうな。