無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

───❶❺




︎︎
(なまえ)
あなた
おばあちゃん暑くない?
おばあちゃん
大丈夫やで〜
(なまえ)
あなた
そ。
宮 治
おばさんのこと大好きなんやなぁニタニタ
(なまえ)
あなた
なに。キモ。
宮 治
ひどぉー!




おばあちゃんとあいつが話してるから私は冷凍庫からアイスとった。





(なまえ)
あなた
ん……うま。

冷蔵庫にもたれてアイス食べてたらあいつ来た。





あー来んなや。







(なまえ)
あなた
……ほんまなんなん??
宮 治
飲みもん貰いに来た!
(なまえ)
あなた
はぁ。
(なまえ)
あなた
何飲むねん。
宮 治
え、逆に何あるん?



ガラッ 冷蔵庫開けて『はよ選べ』と言って選ばす。


コーラを選んだ。



コーラをコップに注いで、こいつに渡す。
(なまえ)
あなた
はい。はよ向こう行って。
宮 治
なんか話そーやー
(なまえ)
あなた
話すことなんかないわ
宮 治
じゃ、俺の話聞いてや!
(なまえ)
あなた
無理
宮 治
おばさんと3人で話そや!
(なまえ)
あなた
帰れや。いつまでおんねん。
宮 治
えぇ〜もっと話したいんやけど
(なまえ)
あなた
だから話すことなんてないねん
宮 治
ンまぁおばさんと話しとくから
来てや!!

そう言って戻った。





なんで私に構うん。



ホンマ、鬱陶しい。