無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

───❷





先生「これ、よろしくな!」



(なまえ)
あなた
はい


先生「桃山もっと笑えよ〜!!絶対ええ笑顔しとるんやからさ〜!!じゃ、俺職員室戻るから!頼んだ!」







またそれか



笑う、笑わんは私が決めることやろ



なんで他人の指図で笑わなあかんねん




その余計なお節介いらんねん。







頼まれたノートを教卓の上に置き、黒板に

「自分のノート取って」と書いて自分のノート取って席に戻った










男子
お前ホンマ笑わへんよな?
笑わんとかやばいで?ww
女子
言い過ぎやって〜www
男子
だってほんまのことやろww
女子
そーやけどさぁw
(なまえ)
あなた
……で?終わり?
男子
グッ、…………ほんまキモイわ。!
(なまえ)
あなた
あっそ。君に言われても興味ないから
女子
感じ悪






︎︎
勝手に言っとけばええねん