無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

───❶❾





︎︎
女子
気になるっ!?好きな子!!?
角名 倫太郎
うん?
だって気になるじゃん桃山さん
君らも気になるから話しかけてるんでしょ?
好きだからいじってるんじゃないの?
女子
そんなわけないっ、!!
角名 倫太郎
んまぁ、色んな意味・・・・・でも気になる子だからさ
構いたくなっちゃうんだよ
(なまえ)
あなた
こっち見んな
どっか行けや
角名 倫太郎
いいじゃん
(なまえ)
あなた
鬱陶しい
角名 倫太郎
連絡先交換しよ
(なまえ)
あなた
無理



ガタ


私は立ち上がって、教室を出た。




授業サボろ。






誰もいない校舎裏。日陰に座って

ポッケに入れてるお菓子を手に取り口に入れる




(なまえ)
あなた
…………。
角名 倫太郎
あ、いた
(なまえ)
あなた
来んなや
ウザイキモイ
角名 倫太郎
ズバッというねw
角名 倫太郎
ていうか授業サボる??
(なまえ)
あなた
お前に関係ないねん
1人にさせろや
角名 倫太郎
残念ながら桃山さんに用事があるから
(なまえ)
あなた
……さっさと要件言って向こう行け



こいつは私の隣に座ってスマホをいじりだす




ウザイ。ウザイ。




角名 倫太郎
なんで叩かれてるのに叩き返さないの?



あー。しょうもな。



(なまえ)
あなた
お前に関係あらへん
角名 倫太郎
気になるからさ
(なまえ)
あなた
めんどいねん
角名 倫太郎
それだけ?
(なまえ)
あなた
おん
(なまえ)
あなた
んじゃ、はよ向こう行け
角名 倫太郎
いや、俺も一緒にサボる
(なまえ)
あなた
…………あっそ。



ならわたしは移動する





移動した……のにこいつは着いてくる。