無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

───❸0







︎︎


(なまえ)
あなた
…………は、?
おばあちゃん
言うの遅くなって、ごめんな。





うせやろ……




あれ事故やなかったん?




じゃあ誰に殺されてん。




母とアイツは誰に殺されてん……







数年前、、、私が中1の時、亡くなった親2人のことについてやった。


私が聞いた話は父トラックに突っ込んでそのまま崖から転落。
トラックの人は転落しなかったからまぁ命に別状はないらしい。

でも、父と母は崖から転落したから…………

父がトラックに突っ込まんかったら母は生きとったのに。



でも、違う。おばあちゃんの話したのは……








"誰かが仕組んだ。"













おばあちゃん
……まだ分かっとらんのよ……ホンマにごめん。
(なまえ)
あなた
い、や……おばあちゃんが謝ること、やない、やろ。
おばあちゃん
でも……ホンマにごめんッッ。
(なまえ)
あなた
ええから…謝らんでええって。
(なまえ)
あなた
……おばあちゃん疲れたやろ。
もうー。
おばあちゃん
……そうさせてもらうな…、。
(なまえ)
あなた
おん





おばあちゃんは部屋に行って、私はリビング残る。



黙ってご飯を用意して、食べる。





(なまえ)
あなた
……モグモグ…………





誰が……殺したん。





(なまえ)
あなた
よー分からん……




ご飯もお風呂も終えて、また、ベッドに飛び込んだ。





明日、休も。






朝、学校に連絡入れるのめんどかったから、、、


寝る前に、







『明日学校休むから。』



メッセージを送った



よし。寝よ。










角名「えっ、まじで、?大丈夫、?」













☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆




ミステリーなのにミステリー
要素なかったやんな今まで←何しとんねんど阿呆が


ちょいちょいこれから入れくね