無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

───❸





ある日告白現場に遭遇してしまった。

女が男に告白しとる







私はその場に背を向け歩き出す。









パシッ





(なまえ)
あなた
……なんやねん。




この色の上履き、、多分2年やな。





???
お前、何覗いとんねん
(なまえ)
あなた
興味無いねん
離せ
???
顔覚えたからな
次俺の事付けてきたら
覚えとけよ
(なまえ)
あなた
…………自意識過剰も程々にしろや
鬱陶しい。
???
今後絶対俺に顔見せんな
(なまえ)
あなた
お前も私に触れんな





掴まれてた腕を振り払って私は教室に戻る