無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

───❻❶




看護師さんが戻ってきた……






看護師
あなたの祖母からです。
(なまえ)
あなた
…………、?


おばあちゃんからの手紙。



なんで手紙なんか……







嫌な予感しかせーへん。





看護師
その手紙読む前に、伝えないと
いけないことがあるわ。




もう分かってもうた。




ギュ。

私の右手を握りながら下を向いてる先生の手が強くなった



看護師
ここで、言っても大丈夫かしら?
先生は……
(なまえ)
あなた
別に構いません




重い空気が流れるんがわかる







看護師
今日、午後5時48分、





︎︎
看護師
桃山 絢子あやこさん(祖母)の












︎︎

「死亡が確認されました。」









看護師さんは、深く頭を下げた。







ずっと。長く。




(なまえ)
あなた
……。






︎︎
1分ほど下げた頭をあげる。





(なまえ)
あなた
ありがとうございました。



きっと、出来る限りの事はしてくれたんやと思う




せやから、私から言うことは1つ。











感謝だけや。






看護師
ッッ…………
(なまえ)
あなた
…本当にありがとうございました












今日1日は入院。


明日の朝には退院出来る。



とは言っても明日学校行って

その次の日から夏休みなんやけどな。