無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

───❶❼





︎︎
宮 治
どーしたんっ!?
(なまえ)
あなた
は、?
おばあちゃん
物音したけど、大丈夫なんか、??
(なまえ)
あなた
皿落としただけや
おばあちゃん
やっぱ疲れ溜まっとるんじゃ、
(なまえ)
あなた
そんなことない
いつも通りや

私は無理やりおばあちゃんをリビングに向かわせた。










はぁ、最悪。



皿割ってもうた、








カチャ、



(なまえ)
あなた
なにしとん
私拾うからお前向こう行けや
宮 治
手切ったらあかんやろ
(なまえ)
あなた
別にこんなんでならへんわ
宮 治
それでも危ないねん!


母『それでも危ないねん!!女の子やからやめなさい!私が拾うから!』


(なまえ)
あなた
ッッ、
(なまえ)
あなた
ええって言っとんねん。
宮 治
アカン
俺がやる
(なまえ)
あなた
っ、いいって!!!
(なまえ)
あなた
なんでお前がやんねんっ。
鬱陶しいねんほんまにっ
宮 治
桃山さんが怪我するんは嫌やねん!!!
(なまえ)
あなた
意味、分からへん。
(なまえ)
あなた
ウザイ。
宮 治
なんとでも言ってええよ。
俺が拾うから






私なんかに構うなや……



ウザイ。



今すぐ、、帰れやッ……




(なまえ)
あなた
ほんま、、どいつもこいつもウザイ。




結局全部こいつが拾って、おばあちゃんの所に行かせた。





はぁ。






あいつはやっと帰って、夜ご飯を食べ、お風呂にも入った。

おばあちゃんの部屋は私の隣にある、母が使ってた部屋。