無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

───❻0





トスッ……。






(なまえ)
あなた
ッッ、
???
クソッ。
(なまえ)
あなた
っぶねぇなッッ、




柱の後ろにいるやつ以外に、まだいんのかよ……




横から知らん人が、刃物持って私の方に走ってきた。



私はそれに早く気づいたから避けることはまぁ出来た






けど、、





ボタボタ……





(なまえ)
あなた
……ッッ、
???
クソガキッ。



手の平に突き刺さった



左手。





警察
ッッ!!?
警察
何してるんだ君!!!!!


柱の後ろにいる奴を捕まえとるやつとは別の警察の人。


???
チッ。

ダダッッ



逃げてった。





くそ。


左手熱い

刺された。



ボタボタと血が流れ落ちる


徐々に痛さが出てくる。






警察
ッッ、君!!
もう1人の警察の人が来た。



柱の後ろにいる人は捕まえたっぽい

警察署に入ってくの見えた




警察
(左手をやられたのかっ、!)




前がボヤける



あ、これ意識飛ぶわ







警察
ッッ、!!!







︎︎



目を覚ましたら、、、多分、ここ病院




左手見ると包帯グルグル。



先生、
桃山さんッッ!!!
(なまえ)
あなた
…………、

ギュ、

右手を握ってくる。


先生、
良かったッッ……
先生、
刃物で刺されたって連絡きてっ、
先生、
ほんっとに……
(なまえ)
あなた
別に……大丈夫ですけど。
看護師
目覚ました???
看護師
ちょっと待っててね


そう言ってどっか行った。