無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

───❺❾



学校の門を出て、歩いて家に向かう。




……、






後ろ、誰かおる






コンビニ入ろ。


(なまえ)
あなた
だる。
(なまえ)
あなた
チッ
店員さん
!!??(びっ、びっくりした、、)



別に食べたい訳やないけど……


桃味のグミ買っとこ。
店員さん
182円です!
(なまえ)
あなた
……。

私は黙ってお金を払ってコンビニを出る。



警察署にでも行こうか



近いし、証拠もあるし





〜警察署〜



どこに行けばええか分からへんから、

とりあえず、入口におる警察らしき人に言えばええか




(なまえ)
あなた
あの、知らん奴に後つけられてるんすけど
警察
はっ、!?
(なまえ)
あなた
今、私の後ろにある柱の後ろにいます

と、この人に聞こえるくらいの声で言う。




警察
ちょっと待ってなさいッッ!
(なまえ)
あなた
はい




警察の人は柱の方に近づいて行った



私はそれを見つめる


これで大丈夫か。










(なまえ)
あなた
_____ッッ、!?





トスッ……。