無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

───❹❽




面会時間は終わって、自宅。


おばあちゃんはご飯とお風呂入らせて、
部屋で寝かせた。



夜ご飯……、どうも食べる気せん。



まぁ、いいや




(なまえ)
あなた
疲れた。




〜翌日〜



おばあちゃんは朝から病院行った。

私は学校。




男子
昨日サボったやつが来た〜
女子
ほんま、、、なんできたんやろ
(なまえ)
あなた
くそガキみたいやな


あ、"みたい"やないか。クソガキやな





宮 治
……、あっ、……、


席に座ったら、あいつがオドオドしながら
こっち見たり、見なかったり。



めっちゃウザイんやけどその謎の動き







そんな日が1週間。

教室入れば色々言われ、

あいつはオドオドして話しかけようとしても、なんか戻っていくし

食欲はないからご飯あんま食べへんし。
多分体重落ちとるわ

そんなことはどうでもええけど、


おじいちゃんがまだ起きひん。









角名 倫太郎
ねぇ桃山さん
角名 倫太郎
最近なんか痩せた???
(なまえ)
あなた
知らん


中庭にあるベンチに座って、服見てたら
隣にこいつが来た。

角名 倫太郎
んん〜。なんか、さらに痩せたよね
角名 倫太郎
ご飯食べてる???
(なまえ)
あなた
うるさい
角名 倫太郎
そうだ
放課後にコンビニ行こう
(なまえ)
あなた
行かん
角名 倫太郎
用事ある??
(なまえ)
あなた
ある


ないけど。


お見舞いは、おばあちゃんがおった方がええやろうし




角名 倫太郎
ちょっとでいいよ
角名 倫太郎
なんか買って食べて帰るだけでも
(なまえ)
あなた
……なんで?
角名 倫太郎
一緒にいたいから。かな
(なまえ)
あなた
無理
角名 倫太郎
え〜。!




︎︎