無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

柱合会議
めんどくさいと言いつつも鴉がうるせぇので仕方なく行きました。←本当は行くき無かった。
あなた『......静かだなぁ...もっとウェーーーーイ⭐って感じの場所が良かったなぁー。何か、人集まってる...皆膝まづいてる...あ、あっはぁぁ!!  馬鹿なんだな!!』
1人で勝手な解釈をして人が集まる方に歩いていく...
あなた『どうも~。こいつこいつ、俺の鴉がうるせぇので来ました~(鴉の足を鷲掴みしながら)』
鎹鴉「ハナセェェ!!ハナセェェ!!カァァァ!」
あなた『ハナセェェ!じゃねぇよ!黙っとれボケぇ!!てめぇ後で煮て焼いて食ってやるぞ!』
鎹鴉「カァァァ?!」
おうおう?すげぇ、形相で皆こっち見てるよ?

おおぉ? 何か.........ワクワクするよ?! 取っ組み合いする!?する!?
したい!!
???「お前ェ...お館様の前だぞォ!!」
あなた『...............俺の名前はお前じゃないですー。はっ!                     



って、いってぇよ!!か弱い女の子を拘束してなにするつもりだ!!このやろぉ!!



わーーーーー!!助けてぇぇーーー!!!!襲われるーーー!!!変態ーー!!』
???「?!       うるせェ!!少し黙ってろォ!!」
あなた『わかった。少しだけまってあげるよ俺優しいから。』
???「ブフッ!               ごめんなさい...」
???「良いんだよ...あなたとは初めましてじゃ、無いんだよ...小さいころあなたのお父さんとなかが良かったんだ。一緒に遊んだ事もあったよ?」
あなた『..............................あっ!!!             思い出した!!





久しぶりっ!耀哉兄さん!!だ!』
膝まづいてる人たち『?!!!!?!!』
耀哉兄さん「そうだよ...その名前で呼ばれるのも久し振りだね...また会えて嬉しいよ。」
あなた『俺も嬉しいよ!耀哉兄さんっ!!』
耀哉兄さん「力達は元気かい?」
あなた『うん!元気だよ!!力に関しては早く死んでほしいけどね!!』
膝まづいてる人達の一部の人「............っ?!!兄弟にそんな事を言われたら......」
あなた『...?    あ、耀哉兄さん。俺を呼んだのってどうして?』
耀哉兄さん「あぁ、その事なんだけどね。あなたは鬼殺隊になる前にもう鬼を100体近くは倒しているんじゃないかな?」
あなた『あー、そうなのかな……どうでも良くて言われるがままに頸斬ってたからよくわからないけどそのくらいだと思うよ?』
耀哉兄さん「実はね、その中の何体かは十二鬼月なんだよ」
あなた『へー。そうなんだー初耳だなぁー。』
耀哉「それでねあなたを柱候補にしているんだが、あなたとしてはどうかな?」
あなた『ん?      うん、お父さん喜ぶと思うからいいよ!』
耀哉「そうか、それは良かったよ。皆からは意見あるかな?」
あなた『あ、ねぇ耀哉兄さん。名前わからない!』
耀哉「そうだったね。ごめんね、じゃあ、教えるよ。右から不死川 実弥。煉獄 杏寿郎。時透 無一郎。甘露寺 蜜璃。宇髄 天元。胡蝶 しのぶ。悲鳴嶼 行冥。冨岡 義勇。伊黒 小芭内。だよ。あなたは記憶力が良いから覚えれたと思うけど、大丈夫かい?」
あなた『覚えたよ。話、続けていいよ!』
耀哉「ありがとう、それじゃあ改めて確認をとるけどあなたが柱になることに意見がある人はいるかい?」
伊黒「俺は、お館様への言葉使いを慎んだ方が良いと思う。そもそもお館様への尊敬がなっていない、いくら知り合いとはいえ今は立場と言うものがある。あなたと言ったか?お館様は凄い人だお前は鬼殺隊に入って何年目だ?」
あなた『え?1ヶ月だけど何か?』
蜜璃「い、1ヶ月?!す、すごいわ!あなたちゃん!1ヶ月で柱候補に選ばれるなんて!柱は階級が上の人から選ばれるのよ?それなのにまだ入って1ヶ月で柱だなんて!!キュンキュンしちゃうわ!!」
あなた『いやいや、時透くんの方が凄いだろ!!14歳でしょ?、俺より年下だぞ?!』
伊黒「1ヶ月で柱とは驚いたな。だが、言葉には気を付けろ俺たちはともかくお館様には敬語を使えわかったか」
あなた『わ、わかりまし......た?ん?俺、生まれて初めて敬語使ったわ。』
杏寿郎『鬼道少女には母親はいなかったのか?!』
あなた『あー、俺を生んですぐに死んだよ。だから記憶もないし、だからお父さんと兄貴達といた記憶しかないな。』
杏寿郎『よもや!すまなかった!』
あなた『気にせんて。』
お館様「じゃあ、他の皆は柱になることにたいして反対では無いんだね?」
全員『はい。』
お館様「そうかい、それは良かった。じゃあ、あなた。君も今日から晴れて鬼殺隊の鬼柱だ。よろしくね。」
あなた『よ、よ、よろしくお願いし、します...』
お館様「それからあなた。無理に喋ろうとしなくても良いからねゆっくりで良いからねそれじゃあ皆、また半年後に会おうね顔ぶれが変わらない事を祈るよ。」
全員『はい。』
あなた『.....................終ったー腰いてぇー』
時透「ねぇ、君。」
あなた『あ、なに?』
時透「いろんな意味で勿体ないよ。」
あなた『???え、何が?  ごめっwよくわからねぇわ笑』
蜜璃「あなたちゃん!これからよろしくね!!蜜璃って呼んで!」
あなた『え、ありがと。じゃあ、蜜璃って呼ばせて貰うわ。』
宇髄「お前、ド派手に男みたいだな!!」
あなた『あ、マジで?!ありがとう!!    男しかおらん家に住んでたからな!兄が五人の父さん1人で楽しいぜ?今度遊びに来るか?毎朝、兄貴が起こしてくれるんだぜ!蹴りでな!』
杏寿郎『女性を蹴るなんぞ俺には出来んな!!』
あなた『.........元気だな!杏寿郎は!』
杏寿郎「うむ!健康は大事だからな!!」
胡蝶「冨岡さん、こんな時にも何も喋らないなんて...よほど嫌われていることを気にしているんですね……」
あなた『え?嫌われてんの?冨岡。』
冨岡「俺は嫌われていない。」
あなた『おう!俺は少なくとも好きだぞ?!』
蜜璃「え?!あなたちゃん冨岡さんの事好きなの?」
あなた『ん?好きだけど?てか皆好きだよ?』
蜜璃「あら!嬉しいわ!!あなたちゃんったら!」
あなた『アハハハハ...』
胡蝶「あ、そうですあなたさん。その内体服の寸棒を図ると思うのでマッチ渡して置きますね。何かあったときはこれを使ってくださいね。」
あなた『おぉ。ありがとな』
宇髄「思ったけど、あなたって体つき良いよな。」
あなた『太ってると言いたいのかな?』
宇髄「いや、その逆だろ。細いし、胸デカイしなぁ?不死川?」
不死川「あァ??どうでもいいんだよそんな事ォ...」
あなた『うわー、さっきのスケベ柱だ~』
不死川「ちげェよ!!殺すぞォ!!」
あなた『キャーーーーーーーこわーい(棒)』
何だかんだ柱になったけど楽しいのかな?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍨甘夏🍧
🍨甘夏🍧
どうも~、甘夏です。 最近、猛暑だね~暑いね水分補給はこまめにしないとね~👍 鬼滅の刃にどはまり中の小6です。 よろしくね😁✌️ 語彙力が足りないから、温かい目で見てくれると嬉しいですっ(σ≧▽≦)σ 基本、ノロノロ更新だけど楽しんで見てくれる様に頑張ります! これからも、よろしくね✨
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る