無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

作者
なんか...お気に入りはやない?

嬉しいけど。

なんか、うん。嬉しいよ!、



ありがとう!!
という事で鬼道家にお礼を言ってもらいましょう!
力「よう!!!こんな小説見てくれてありがとうな!!!これからも頑張るからぜひ!見てくれてr...」
ドゴッ!!
あなた『はーい、はーい。  くそ童貞野郎は黙ってようねー♪   俺のセリフとんじゃねえよぶっ殺すぞ。』
力「うるっせぇぇよ!!!ブス!!お前は、どうせSNOWで加工してもブスだな!!」
あなた『んもぉ~!!やっだなー       お   に  い   ち  ゃ  ん  ?』
力「ガタガタガタガタガタガタガタ」
あなた『よお!!見苦しい所を見せたな!!すまねぇ!  んっと...まずは礼が先だな!!

ありがとう! まぁ、これは作者の唐突な思いつきで作られた作品だからな、あまり自信は無いみたいだから...喜んでるぞ!!

だけど、作者の思いつきでこの作品が作られなければ、鬼道 あなたという人もいなかったからな...そうおもうと不思議なもんだ!!

これからもこの作品を見てくれ!!
出来るだけ笑ってもらえるように頑張るからな!!←作者が!!


それじゃあ、またな!!』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍨甘夏🍧
🍨甘夏🍧
どうも~、甘夏です。 最近、冷えてきたね~!!北海道雪が凄いみたい笑 早く雪ふらないかなぁ! 鬼滅の刃にどはまり中の小6です。 よろしくね😁✌️ 語彙力が足りないから、温かい目で見てくれると嬉しいですっ(σ≧▽≦)σ 基本、ノロノロ更新だけど楽しんで見てくれる様に頑張ります! これからも、よろしくね✨
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る