無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

俺のもの。春山side
春山
春山
関係ねぇ。過去のことなんて。
俺がこう言ったのには理由がある。
その理由は…。
♥️
…ぇ。ねぇ!!
春山
春山
あ?
♥️
聞いてた?
春山
春山
いや?
♥️
いや?じゃないでしょ。
こいつは今日から俺のおんな。あなたやっぱり可愛い。好きだ。面食いじゃねぇけど。
…なーんて言える分けねーよな。
春山
春山
ほら、帰るぞ。
♥️
帰るぞってどこに??
春山
春山
俺の家。
♥️
う、うん!!
春山
春山
早く乗れ。(可愛い。
ヘルメットを被ったあなたを後ろに乗せ家へと向かう。
♥️
…お邪魔しまーす
春山
春山
誰もいねーけど。
♥️
独り暮らし??
春山
春山
そーだよ。なんか問題でもあんの?
♥️
いや、問題とゆーか。
春山
春山
あ?
♥️
な、な、な、なんでもない!
春山
春山
風呂入ってこいよ。飯作っとく
♥️
あ、うん!!お先です!
はぁ。可愛すぎだろ。俺、理性持つかな。
やべーなまじ。