無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

大好き。あなたside
ご飯も食べ終え、片付けもして、二人でテレビを見ていた。
春山
春山
おい、あなた寝るぞ。
♥️
え!?もうそんな時間?
時計を見るともう日付が変わる時刻だ。
♥️
早いなぁ。
春山
春山
これからずっと一緒にいんだからそんな顔すんなよ。
一瞬にしてあたしの顔は明るくなる。
♥️
うんっ!春山大好きっ!!
春山
春山
お、おう。////
♥️
 え?照れた?
春山
春山
うるせーよ。////
♥️
んふふ(*´艸`*)
春山
春山
早く来いよ。寝るぞ。
♥️
はぁーい!
春山
春山
ばーか。
♥️
おやすみぃ
春山
春山
ん。
え、それだけ?…ちょっと寂しいなぁ。
春山
春山
なんだよ
♥️
おやすみのちゅー…は?
春山
春山
はぁ。こっちは必死で理性押さえてるっつーのに。
♥️
え??
春山
春山
ばか女。チュッ
♥️
ちょ…はる…深い…
春山
春山
お前が悪いんだかんな
え、あたしどーなっちゃうの?もしかして、このまま…////心の準備出来てないよー////