無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ひとつ。🔞 春山side
♥️
ちょ…はる…待って…////
春山
春山
やだ、待たない。
そーいって俺はあなたにキスをする。
♥️
んっ…はぁ…
春山
春山
かわいい。チュッ
♥️
もう…
俺はあなたの胸も揉んだりして、あることに気づいた。
春山
春山
おっぱいでけぇな。初めて??
♥️
ぅん…
春山
春山
優しくするから。
あなたは頷く。

こいつかわいいな。だめ、俺死にそ////
♥️
やっ…だめっ…やだっ…
春山
春山
ん?体は正直だな。
♥️
だめっ…んっ…
春山
春山
やめる?
♥️
え、
春山
春山
ん?(ニヤニヤ
♥️
いじわる。…春山が欲しい。
春山
春山
ふっ。じゃぁいれるよ?
♥️
うん。…んっ。やっ、
春山
春山
きつ…。大丈夫?
♥️
ぅん…。んぁ…。
大丈夫ならいっか。もうこいつはこれで俺のものだ。もう誰にもやらねぇ。離す気ねぇ。つーか、離れてこーとしても無駄だから。
春山
春山
イけよ。
♥️
んぁぅ。むりぃ…。やっ…はげしっ…。
春山
春山
俺…イっちゃうよ…?
♥️
一緒に…。んぁっぅん…。
春山
春山
ばーか。好きだよ。(ハァハァ
そうゆーとあなたは俺にしがみついてきた。
春山
春山
どーした。ヨシヨシ…
♥️
スゥ…。スゥ…。
いや、寝てんのかよ。つーか、中出しだもん。子供できっかもじゃん。幸せにしてやんねーとな。