プリ小説
貴方は私を愛してます
恋愛

貴方は私を愛してます

132
19
146
2018/11/26
R18
夢小説
連載中
あなたと過ごした日々
私の完璧な姉に親が決めた婚約者が出来た…





なのに″貴方は私を愛してます″

夢機能の名前設定

文章中の主人公がここで設定した名前に置き換わります

チャプター

全2話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

*ゆゆ*
*ゆゆ*
貴方はどこまで許してくれるかな? 私が好きになったのはちょうど小学2年生頃引っ越してきたばっかでやっと片付けが終わった所だったかな?暇だから誰かの家にピンポンして遊びに誘おうと家を出て自転車に乗った時私の前に男の子が現れどこかで顔を見たことあるな~と思ってたら同じ学年の貴方だった。そして貴方も私に気づいてくれて同じ趣味の漫画の話をした。凄く楽しかったの今でも覚えてるくらい。貴方は覚えていないだろうけど…この時私は恋なんだって事を何一つ気づいていなかった。 出会って1年ぐらい経って仲良くなった。一緒に帰るぐらいに。朝あったらお互い挨拶を交わして私は毎日学校に行くのが楽しかったんだ。そしてさらに1年経ち小学4年生になった周りの男子が私と貴方を冷やかした貴方の好きな人私でしょ?って貴方は違うと返していた、私はそれに傷ついた何で?そう思った。数日経ち私は気付いたんだ…貴方のことが好きなんだって。1年思いを隠した。 小学5年生私は貴方に告白をした好きです付き合って?って私は恥ずかしくてたまらなかった。付き合って何するの?これが貴方からの返事。よく分からなかったんだ疑問に思っている私から貴方は目をそらしてイエスになったら言うそう言った。私は不思議な感情がこみ上げてきた嬉しいのか悲しいのか。でも、私はおもいっきりの笑顔を作ってわかった。そう言ってお別れを言った貴方と別れて1分もしないうちに目から大量の涙がこぼれた。よく分からないけど泣きながら信頼できる友達に会いに行った。きっと慰めて欲しかったんだと思う。私は1週間ぐらい落ち着かなかった。2週間経ち貴方に会いに行った。イエスになったら言うきっと貴方の優しさがこもった返事なんだと思う。でも私ははっきりして欲しくて貴方にどっちなの?ってしつこいぐらいたずねた。その時頭の中は、真っ白だった最終的に出た答えは嫌い。嫌われるって分かっていたのに凄くショックを受けた。そこから他の男子に私も貴方も冷やかされた…私が書くのはここまでの。書き足りないけど… しらす 親友これからもよろしく(^-^)/ ぽてこ 受験頑張れ! 愛海 あいかの事、頑張って探すわ。 もち子 覚えててくれてありがとう♪ mint 双子の妹の悪魔ちゃん!小説大好きだよ!応援してるよ!シロー ゆに お互いうるさいけどよろしくね!(お互い…?)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る