無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

1週間
設定ガバガバw
ある星では1週間しか使われなかった紙幣がある
紙幣書かれていた少女のお話
その少女はその星みんなから嫌われた
でもたった1人を除き……
でもその少女は1週間しか命がない
虚しく少女の命の灯火ともしびは消えた
そして紙幣の絵を変えることにした
それは少女を書くとのこと
市民は反対した者もおったが紙幣は少女が描かれた
またもや1週間後
天馨あまかの侵略によりその星は無くなった
唯一少女を支えた少年がいた
こっそり少女は天馨と手を組んでおり
少女こう言った
「私が亡くなったら星を無くせ」と
でも少女は少年の話をしなかった
天馨のボスが少年が気に入らないのか
死刑を行うことにした
少年は首を切られる前に少女が描かれた紙幣持ち
こう言った
「ごめん……」と
そして誰もいなくなった
その紙幣は真っ赤に染められた
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
なんか授業中考えてたらこうなった……