無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,165
2018/11/24

第29話

にじゅ~よん。
─みやside─
コンコン
みやかわくん
みやかわくん
「入って~。」
扉が開き、姿を見せたのはあなただった。
あなた
あなた
「お..おじゃまします....(?)」
みやかわくん
みやかわくん
「なんでだよw」
あなた
あなた
「え....いや..その....(汗)」
みやかわくん
みやかわくん
「....とりあえず座ったら?」
俺は勉強机の椅子に座っていたが、
椅子より少し低いベッドに座り直す。
あなた
あなた
「....あ..うん..((」
そう言ってあなたは床に座った。
みやかわくん
みやかわくん
「....こっち来なよ。」
俺はベッドをポンポンと叩いてあなたを呼ぶ。
あなた
あなた
「....はい..//」
あなたは少し照れた顔で俺の隣に座った。
あなた
あなた
「....は..話ってなに..?」
みやかわくん
みやかわくん
「あぁ....」
─あなたside─
何の話をしようとしたのか。

そう聞いた後、少しみやは真剣な顔になった。
ただ、私も気になるので
みやが口を開くまで黙って待っていた。
みやかわくん
みやかわくん
「....あのさ..。」
あなた
あなた
「うん....」
何故かとても緊張する。
みやかわくん
みやかわくん
「....お前、キャスにコメントしたろ。」
あなた
あなた
「え..?」
みやかわくん
みやかわくん
「いや....何でもない....((」
みやは焦っているように見えた。
あなた
あなた
「....したよ。」
みやかわくん
みやかわくん
「え..?」
─みやside─
やっぱりあのコメントはあなただった。
みやかわくん
みやかわくん
「どうしたんだよ、あんな事聞いて。」
あなた
あなた
「....みやは..」
あなたは真剣な顔でこちらを見てくる。
あなた
あなた
「..私を女友達ガールフレンドだと思ってる、?」
女友達ガールフレンド....か。
みやかわくん
みやかわくん
「お前は?」
あなた
あなた
「え?」
みやかわくん
みやかわくん
「俺の事どう思ってんの、。」
あなた
あなた
「そ....それは....」
あなたの顔が赤くなる。
みやかわくん
みやかわくん
「(....可愛い..)」
━━そんな顔されたら余計攻めたくなるじゃん。
あなたのばか。どうなっても知らないからな。


────────────────────────

P.S.
明日試合なのでお休みします😅💨

────────────────────────