無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,717
2019/01/03

第33話

にじゅーなな*(R)
─あなたside─
_油断しすぎ
そう耳元で囁かれた。
もう訳が分からない。
その声で、しかも耳元で、
全身の力がスッと抜けたように感じた。
─みやside─
一度顔を引いてあなたの状態を確認する。
あなた
あなた
「え......//」
あなたは力が入らなくなっていた。
みやかわくん
みやかわくん
「....ニヤッ」
あなたは少し涙目だった。
俺の性格。

いや本心。
みやかわくん
みやかわくん
「余計いじめたくなるじゃん....(小声)」
みやかわくん
みやかわくん
「俺だって男なの。油断しすぎ。」
あなた
あなた
「みや..ちょっと待っt((」
Kiss
みやかわくん
みやかわくん
「ハァ....うるせぇ。」
みやかわくん
みやかわくん
「なぁ、もう俺
“爽やかなみやかわくん”
じゃないから。」
あなた
あなた
「ねぇ何言ってるの?みy((」
今度は深いKissを仕掛けてみる。
みやかわくん
みやかわくん
「....案外上手いじゃん、
ねぇ俺としたくて練習したの?ニヤッ」
あなた
あなた
「な、何言ってるの!?//」
みやかわくん
みやかわくん
「フッ」
みやかわくん
みやかわくん
「いいから口開けろうるせぇな」
もうあなたは俺に逆らえなくなっている
みやかわくん
みやかわくん
「....こうしたかったんでしょ?」





.
みやかわくん
みやかわくん
「ならお望み通り責めてあげるよ..ニヤッ」