無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,174
2019/01/12

第38話

サンジュウイチ
─あなたside─
携帯の着信音で目が覚める。
夜をあの「みやかわくん」と過ごした......、
色々考えながらも携帯を手に取る。
あなた
あなた
じんたん......か。
じんたん
じんたん
[LINE]
今日10:00、スカイハウスに集合!!!!!!
スカイハウス......、。
新しく引っ越したスカイハウスに来て欲しい。
という連絡だった、

しっかり住所もついていた。
あなた
あなた
[LINE]了解〜
テキパキと支度をし妹子ちゃんにひと言掛けてから
私はスカイハウスに向かった。
─じんたんside─
じんたん
じんたん
よし......(小声)
じんたん
じんたん
テオくーん???
俺は階段を上がってテオくんの部屋に向かう。
あなたに連絡をしたというのを伝える為だ。
..........テオくんの部屋。
ガチャッ
じんたん
じんたん
は..入るよ..、?
─テオくんside─
テオくん
テオくん
ん〜。
扉の方を見るとじんたんがヒョコッと顔を出していた。
なんかすごく可愛かった。
テオくん
テオくん
......座りなよ(笑)
俺はスマホを手に取り、
いつものように荒野行動を始める。
じんたん
じんたん
....()
そんな俺の手元をじんたんは隣でずっと見ている。
どうも集中出来ない。
じんたん
じんたん
あ。
テオくん
テオくん
あーーーーあ
結局3キルくらいした所で負けてしまった。
テオくん
テオくん
じんたーーーん........
じんたん
じんたん
ご、ごめんテオくん、((((((((((
まぁ、仕方ないか、
なんて笑いながら俺は立ち上がる。
じんたん
じんたん
あ、
立ち上がったと同時にじんたんが声を出す。
じんたん
じんたん
あなたに連絡しといた。
ちゃんと繋がったよ〜

って言いに来たのに忘れてたよ(笑)
テオくん
テオくん
あぁ、ありがとな(笑)
こんな大した事でもない会話でも。
じんたんならずっと聞いてられるし見てられる。
─あなたside─
黙々とただひとりバスに揺られている。
酔わないよう、気を逸らすのに精一杯だった。
───次は〇〇〇〇〜....
バスの中にアナウンスが響く。
私はバスから降り、
また歩いてスカイハウスに向かう。
あなた
あなた
[LINE]あと10分くらい!
じんたん
じんたん
[LINE]おけ!
寒い空の下、
1人で歩く10分はとても長く感じる。
─テオくんside─
テオくん
テオくん
ねぇじんたん
じんたん
じんたん
ん?
テオくん
テオくん
動画〜....
じんたん
じんたん
撮ろ!!!
テオくん
テオくん
だよなwww
どんな状況でも
じんたんの動画魂は誰にも負けてない。
俺達はすぐにマイクをセットして動画を始める。
じんたん
じんたん
せ〜のッ....(小声)
テオじん
テオじん
どうもォ〜ッ!!
テオじん
テオじん
スカイピース!!!!!!!!!!!!イェイッッ!!
そしてじんたんが進行を始めた。
今日の企画は
コンビニの新商品を全て食べ切る
という企画だった。
あまりにも量が多い為、
テオ・じん・たくま
そして新メンバー←名前とか変えてやります
で食べ進めて行くことにした。