無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12
あなたside
教室を出た.
すると廊下に朝の女子3人が経っていた.
怒ってそうな顔をしていた.

もしかして話したのバレた?
女子1)ねぇあのさ約束破ったでしょ
あ な た
あ な た
えっ?
女子2)バレないとでも思った訳?
ふざけんなよ
あ な た
あ な た
女子3)何黙ってんの?
ちょっと来いよ
あ な た
あ な た
えっちょっ
私は強い力で腕を掴まれてどこかに連れて行かれた.
あ な た
あ な た
痛いっ
女子3)何が?お前が約束破ったのがいけないんでしょ?

女子1)じゃあもうずっとここにいてね〜
ドンッ
あ な た
あ な た
痛っ
また体育館倉庫に入れられた.
すぐに鍵を掛けられたから閉じ込められた状態になった.
あ な た
あ な た
ウッ…(泣)
また涙が出てくる。
女子2)泣いても無駄だからね?
きっと今頃は風磨くん達帰ってるだろうね〜
あ な た
あ な た
こんな事して何が楽しいの?
女子1)そういえば風磨くん達さっきお前の悪口言ってたよ〜
あ な た
あ な た
そんなの言うわけ無い!
女子3)そろそろ私達は帰るね〜
そこで1人で頑張って〜
誰か迎えに来てくれると嬉しいね
誰も来ないと思うけどw

女子1)じゃあね〜

女子2)ば〜い
あ な た
あ な た
…(泣)
女子3人は帰っていった.
どんどん体育館倉庫が寒くなっていく.
誰か…来て。
助けてよ…ウッ(泣)
その頃風磨くん達の6人は…


続きは次で!😳🧡