プリ小説

第7話

あなたside
みんなからモテモテの5人をおいて
私は七瀬と先に教室に来た.

だってあんなみんなから歓声されてる見たくないもん…
特に風磨くんが言われてるのは見たくない。
七瀬
七瀬
あなた?
あ な た
あ な た
ん?
七瀬
七瀬
何か暗いよ?
あ な た
あ な た
そんなこと無いよ
七瀬
七瀬
もしかしてさっきの歓声で
風磨くんに妬いちゃった?
あ な た
あ な た
だって…
ガラガラ
その時教室のドアが開いた.
見ると…あの5人がいた.
菊池 風磨
菊池 風磨
あなた何で先に行くんだよ
あ な た
あ な た
だって
七瀬
七瀬
あなたは妬いてたんだよ?
菊池 風磨
菊池 風磨
え?
((妬いてた?誰に?
もしかして好きな人いんの?))
あ な た
あ な た
ちょっ七瀬それ言わないでよ!!
七瀬
七瀬
まぁまぁ
菊池 風磨
菊池 風磨
ふーん
((好きな人誰なんだろ))
あ な た
あ な た
風磨くんどうしたの?
何か風磨くんおかしくない?
私もしかして嫌われた…?
菊池 風磨
菊池 風磨
何でもない
あ な た
あ な た
分かった…
あ〜あ怒らせちゃった。
中島 健人
中島 健人
あなた大丈夫?
あ な た
あ な た
えっ?
中島 健人
中島 健人
なんかさっきから暗くない?
佐藤 勝利
佐藤 勝利
確かにね
あ な た
あ な た
全然!
中島 健人
中島 健人
無理すんなよ?
((どうしたんだろ))
あ な た
あ な た
ありがとっ
そして7人は自分の席に座った.

そっか…私は風磨くんの隣だったね。
何でそんなに暗いんだろ。

聞いてみよっかな
ガラガラ
風磨くんに話しかけようと思ったのに!
何でこんなタイミングで先生が来るの?!
帰りでいっか…
先生)みなさん。おはようございます

生徒)おはようございます

先生)急ですが明後日に高1の復習テストがあるので
勉強しといて下さい

生徒)えーーーー

先生)では授業の準備をしてください
高1の復習テスト!?急すぎない?
まって。やばいかも。
菊池 風磨
菊池 風磨
高1の勉強分かるの?
あ な た
あ な た
へぇ?
えっ?風磨くんが話しかけてくれた。
怒ってたんじゃないの?
菊池 風磨
菊池 風磨
勉強する?一緒に
あ な た
あ な た
いいの?
菊池 風磨
菊池 風磨
おん
菊池 風磨
菊池 風磨
帰り2人で帰ろ?
あ な た
あ な た
えっ?でもさっk
今…今…2人で帰ろって言われた!?!?
菊池 風磨
菊池 風磨
でもじゃなくて…
良いか嫌かを聞いてるの
こういうのずるい。
あ な た
あ な た
良いよっ
良いよって言うしかないじゃん。
風磨くんに言われたんだから

てかさっき怒ってたんじゃ…どゆこと?
まぁ嬉しいからいんだけどね!
そして授業が始まってどんどん時間が経って
下校の時間になった.


続きは次で!😳🧡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

୨୧ *。 り お 。* ୨୧
୨୧ *。 り お 。* ୨୧
୨୧せくがる ・ ・ ♡ふまけんよりのおーる担 ・ 同担◎他担◎ ・ せくがる»»うぇるかむ ⸜❤︎⸝